フラットの合わない(難しい?)ε130D2014年11月17日 08:25

昨年導入してから、あまり使って来れなかったε130Dですが、フォーカサーも導入したので、冬の対象をと思っています。とういうわけで、昨夜は月の出ま での時間テストをかねて小屋で撮影しました。月の出までと思ったのですが、途中で星がにじんできて中途半端で終了となりました。

フォーカサーは快適で、これまで難しいと感じていたフォーカスもすんなりと決まります。
フルサイズの6Dで撮影したのですが、色々なところがケラレの原因となっているのか、元画像でも周辺減光以外にも暗いところがたくさんあります。
以下の写真は、DPPで背景のみを調整したものです。

主鏡の爪による光条の不整も、明るい星が入ると目立ちます。これも早く対策をほどこさないといけません。

三つ星の撮影の枚数を稼ぐつもりが、途中で薄雲発生で4min x9枚で終わりました。
とりあえず、フラット、ダーク処理をしてコンポジットしたのを最低限の強調をしてみました。
撮影データ: Canon EOS6D(SEO-SP4) ISO1600
ε130D 4min x9
EM200赤道儀(AGS-1S改) Pencil BORG+DSI-Pro PHD Guiding
RAP2→CS6でRAW現像→SI7→CS6

フラットが合いません。もっと良いフラットでないと、フルサイズは厳しいです。今回はテストということで、コンポ枚数も少ないので、ここまでとしておきます。

ε130Dは、大変シャープで色収差も無い優れた鏡筒であると再確認しました。また、ジャストサイズで、取り扱いも楽ちんでした。ゆっくりと撮影できる時間がほしいものです。
年末にかけて、相変わらず多忙で、師走そのものになりそうです。寝る時間を削らないと撮影できません。

もう一つの77EDIIのダブルシステムは、予定どおりです。
これからの撮影が楽しみです。

コメント

_ hiro-2415 ― 2014年11月17日 23:13

はじめまして^^
お隣の県と言う事もあり、時々拝見させていただいております。
イプシロンの記事なので思わずコメント致しました。
再発症して、デジタルとなった天体写真に戸惑いながら取り組んでいます。
高性能ですがフラットの課題は付いて回る光学系なんでしょうね。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。

_ NIKON1957 ― 2014年11月18日 08:25

hiro-2415さん、おはようございます。
ブログ拝見しました。ε130Dを使いこなしておられ、すばらしい星雲の写真と思います。
私も、子育てが一段落した50歳くらいから、天文熱が再発した一人です。デジタルの時代になって、楽になった分と画像処理などを考えていくと、複雑になったところも多いように感じます。ボケ防止で、新しいものにもチャレンジしているところです。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
石鎚山は何県にありますか?回答は〇〇県と

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ishizuchi1957.asablo.jp/blog/2014/11/17/7494755/tb