四国から南天限界2016年05月23日 12:55

ここのところ、NZへ遠征した方の写真を見ては、愕然とするばかりです。
南天の低いところが、真上に来て、その上PM2.5とは無縁の凄い空で撮影しているので、驚くほど綺麗な写真ばかりです。

ここ数日は初夏の天気で、暑いくらいです。満月期であり、撮影はできないのですが、PM2.5も高めで、空の抜けは悪いです。この後は、梅雨に入ってしまいそうで、今年のさそりのチャレンジは終わりかもしれません。

今年は、今のところ残念ながら南天低いところのチャレンジはできていません。国内で、できる限りのチャレンジをしてみるつもりでしたが、チャンスを逃して しまいました。NZの写真をお手本にして、昨年の写真をもう一度処理してみました。低空の大気差や大気光を補正してみました。

昨年4月27日未明の写真です。この夜は好条件でした。
撮影データ:Canon EOS60D (Central DS改) ISO1600  HEUIB FF.使用
SIGMA 50mm/F1.4 絞りF3.2  2.5min x9 (total 22.5min)
K-ASTEC GF-50赤道儀 ノータッチガイド
RAP2でフラット補正→CS6でRAW現像TIFF化→CS6でコンポジット&強調処理

当夜の同時刻の星図です。
やはり、高度10度以下は、かなり厳しい条件となると思われます。10度以上はあれば、そこそこ写る可能性があると感じます。

南天撮影をするときのポイントとして、
①好条件の撮影地 → できるだけ標高が高く、南天の光害がなく、見晴らしの良いところ。
②好条件の夜 → PM2.5が低値で、南天低いところまで晴れていること
③フィルターはHEUIB やHEUIB IIなどの赤カブリを抑えるフィルターを使うほうが好結果となる
④処理に際しては、低空低いところは大気差による星の浮かび上がりを考慮したコンポをする

フルサイズカメラでカメラレンズで撮影するときは、フィルターが使いづらいので、梅雨になったら、冷却改造にする予定です。



銀河中心部2016年05月17日 21:11

いて座の銀河中心部をAPO Sonnarでモザイクしたものです。

計画的なモザイクでなかったので、かなりロスがあります。また、一部フォーカスを外して、APO Sonnar本来の星像ではない領域もありますが、適当に撮影した4コマをつないでしまったせいです。

M8の下方は、肉眼でもそれとわかる一番明るい部分になります。この領域には、複雑に錯綜する暗黒星雲があり、大変興味深いです。太い暗黒帯内部には、 M8以外にも淡いH-alpha領域が散在しています。毎年これを撮影していますが、もう少し計画的な撮影ができればと思います。ただ、南天低いので、条 件の良い時間帯が限られてしまい、相当綿密に撮影計画を立てておく必要があります。

先週、この辺のパーツを何コマか撮影しました。今回はレンズの固定が悪かったのか、星像が乱れてしまい、このレンズ本来の性能を生かした良像のコマが得られず。ほとんど、ボツにしてしまい、残念でした。

撮影データ:Canon EOS6D (SEO-SP4) ISO1600 
Carl Zeiss APO Sonnar 135mm/F2.0 絞りF2.8  150sec x12~24 4コマモザイク、K-ASTEC GF-50赤道儀 ノータッチガイド
それぞれ、RAP2でフラット&ダーク処理→CS6でRAW現像TIFF化→DSSでコンポジット→SI7でカブリ補正→CS6で強調と補正処理後→Photomergeで合成後トリミング


少しハイコントラストに仕上げた白鳥2016年05月15日 08:36

今週の木、金の早朝はPM2.5が一ケタの素晴らしい空になってくれました。しかし、平日なので、無理はできませんでした。そんななかで撮影した一コマです。
薄明直前には、けっこう白鳥座が昇ってきます。フルサイズ35mmだと、夏の大三角が収まり、わし座から白鳥座まで見えます。
今回EF35mmF1.4L IIで、撮影しました。短時間撮影をするため、F2.2で一コマ90秒で撮影しました。最周辺部の星が、今回はすこし変形しました。フォーカスを少し外し たようです。ライブビューでピントを合わせているのですが、老眼のせいか外していることが多くなりました。少し工夫が必要みたいです。

今回は、いつもの自分の仕上げよりは、コントラストを上げて、ハイコントラストに仕上げました。天の川の暗黒帯を強調しています。
撮影データ:Canon EOS6D (SEO-SP4) ISO1600 
Canon ED35mm/F1.4 L II USM 絞りF2.2  90sec x14 (total 21min)
ATLUX赤道儀 ノータッチガイド
RAP2でフラット&ダーク処理→CS6でRAW現像TIFF化→SI7でコンポジット&カブリ補正→CS6で強調と補正処理



さそり座頭部2016年05月08日 11:15

この領域はカラフルタウンとも呼ばれており、様々な色の星雲と切れ込んでくる暗黒帯とで、初夏の撮影対象としては、人気ナンバーワンです。
これまで、多くの達人がこの領域の写真をアップされています。それを見ながら、どこまで強調するか悩んでしまいます。背景の色も、淡く異なる色が乗ってく るため、どれが正解か悩みます。また国内では、低空での撮像条件となるため、カブリの影響も避けることができず、その魅力と反比例するように、処理の難し いところです。

今回APO Sonnarで、撮影してみました。SEO改造の6Dですが、ノーフィルターだと思ったほどは星雲を強調することが難しいです。透明感が出て来ず、苦労しました。1時間撮影だと、こんなところかなというところです。
撮影データ:Canon EOS6D (SEO-SP4) ISO1600 
Carl Zeiss APO Sonnar 135mm/F2.0 絞りF2.8  150sec x24 (total 60min)
K-ASTEC GF-50赤道儀 ノータッチガイド
RAP2でフラット&ダーク処理→CS6でRAW現像TIFF化→DSSでコンポジット→SI7でカブリ補正→CS6で強調と補正処理



火星と土星を従えたさそり座2016年05月06日 19:19

今年のさそり座は、火星と土星を従えて、大変ゴージャスな雰囲気です。
先日35mmF1.4L IIで撮影したさそり座を処理したのでアップします。
さすがに明るい火星には、絞り羽による光条が出ましたが、他の明るい星は問題ありませんでした。
撮影データ:Canon EOS6D (SEO-SP4) ISO1600 
Canon ED35mm/F1.4 L II USM 絞りF2.2  90sec x24 (total 36min)
K-ASTEC GF-50赤道儀 ノータッチガイド
RAP2でフラット&ダーク処理→CS6でRAW現像TIFF化→DSSでコンポジット→SI7でカブリ補正→CS6で強調と補正処理