台風一過に何を撮ったか?2017年09月20日 19:33

先日の台風18号は、四国の南岸を足早に通り過ぎていきました。ここ愛媛では、大雨となりましたが、大きな被害もなく通り抜けて行ってくれました。

台風一過の敬老の日の夜ですが、思ったほどは晴れてくれませんでした。
お天気がいつまで持つか怪しそうだったので、Cooled 6DとD810Aのツインで狙いました。しかしcooled 6Dのほうの鏡筒とヘリコイドMの接続がゆるんでいたようで、スケアリングエラーのため片ボケが酷くて使いものになりませんでした。11枚撮影したところで、雲がわいてきてアウトでした。
火曜も仕事だったので、体にとっては良かったですが、赤い星雲が弱くなり、少し残念でした。

今回もSS one Autoguiderを使い、6DとD810Aの2台のカメラをコントロールしながらディザーガイドをしました。前回はAPO Sonnarを50mmのレンズでガイドしたのですが、少々ガイドエラーが出たので、少し長めのmini BORG50 (fl=250mm)でのガイドに変更しました。デイザーの移動量も少な目としました。シャッター間のデイザーに入るとき、少しガイドの線が乱れる傾向がありました。振れ幅が、落ち着いてから撮影に入るようになったらと思いました。6D側のデータが使えず、残念でした。

今回、久しぶりに何を撮影しようかと思ったのですが、暗黒星雲大好きな私は、Black Fishと言われる、IC1396の隣の暗黒星雲に望遠鏡を向けました。久しぶりの直焦点撮影であったので、色々と問題が生じました。いつまでたっても、撮影技術が確立しません。
撮影データ:NIKOND810A ISO1600 
BORG77ED-II + F4DG 6min x11 (total 66min)
ATLUX (AGS-1S) SS-one Autoguider + ASI120MM + miniBORG50 Dether移動量 2
RAP2でDARK&FLAT補正→CS6でTIFF化→SI7でコンポジット→CS6でと仕上げ

暗黒星雲や赤い星雲の名前です。
Black Fishは、B169、B170、B171でお魚のように見えるからだと思います。もう少し枚数を増やして、赤い星雲も無理なく描写したいと思いました。
今度の連休に少し晴れるといいなと思います。


天文ガイド10月号に採用2017年09月05日 12:41

5月末にオーストラリアのチラゴーで撮影したみなみのかんむり座の反射星雲が、今月号の天文ガイドに採用されました。ここは国内で撮影できないわけではありませんが、撮影時期がちょうど梅雨時期と重なるため、なかなか撮影できませんでした。

選評にもありますように、昨年のRUKUさんの作品を見て、是非とも撮影したいと思っていた領域でした。南天低い対象なので、何よりも撮影条件が大事でしたが、今回はその心配はまったくありませんでした。処理も大変スムーズにできました。
好条件で撮影できたのですが、高度が70度もあって、カメラのモニターを見るのがつらかったです。そのため、構図が、いい加減となりました。その分、動きを感じさせるような絵柄となり、不気味さが増したかもしれません。
天文ガイドの印刷がやや暗めでしたので、オリジナルを張り付けています。


先月に引き続き同じチラゴーで撮影したN本さん、N村さん、Yさんの写真も掲載されて、記念となりました。また、GENTAさんの四国遠征の「彼岸花と出目金」も入選されていました。

一方、星ナビにも応募していたのですが、こちらは今号も落選でした。
せっかくなので、星ナビの落選作もアップしておきます。

この領域の自分の作品の中ではベストでしたが、不採用となり残念でした。

撮ってみて、暗黒星雲などを再度チェックしてみました。
この領域のなかで、Dark Towerですが、気になり調べてみました。

ここ何年かの間にAPODに3回も選ばれていました。
2008年5月8日2011年4月27日2013年1月6日でした。暗黒部に萌えるのは、自分だけではないと思いました。
残念ながら、国内からでは、ここを十分な時間をかけて好条件で撮影するのは無理な気がします。


8月も終わり2017年08月31日 08:28

今年の夏は、猛暑日が多くてつらい夏であった。お天気も、恵まれず。結局撮影したのは2夜にとどまった。太平洋高気圧の勢力分布がおかしいのか、北のオホーツク海高気圧が強いのか、不安定な天気が多かった。

梅雨入り前の6月3日に撮影して以来3ケ月で2回の撮影はつらいものがある。西日本の夏は、熱帯化してしまった。撮影できない、暑くて元気が出ない、冷房の部屋で涼みながら熱帯夜を過ごす日々となった。

2015年に撮影したケフェウス座のメイン領域を撮ったものを再処理してモザイクした。暑いときの慰めと、今後の撮影計画のマップです。
EOS 6D & 60D APO Sonnar 135mm/F2.0 F2.8 ISO1600 150sec 3カット合成



SS-one Autoguiderで撮影2017年08月23日 20:38

お天気の都合などで、なかなか実戦投入できなかったSS-one Autoguiderでしたが、1年遅れで、ようやく使う機会を得ました。SS-onesショップをのぞくと、フルバージョンのものはSOLD OUTで、Lightバージョンのみが販売されていました。

このAutoguiderの特徴は、スタンドアローンタイプで、色々な付加機能があります。電源はUSB5Vとなります。いつもはM-GENやPHD+QHY-5L IIを使っていますが、M-GENと同じくらい小さいのでサブとして使えるようにしました。
Guide CameraはASI 120MMで、ほんまかさんのところから四角いのを買いました。SS-one original cameraは、感度が低いのと、ガイドポートが無くて、配線が増えるので、ボツにしました。ガイドはCマウントの50mmレンズを用いました。マニュアルを十分読まないのは、悪い癖なんですが、初期設定をした後は、なんとなく使えました。135mmのガイドでしたが、まあだいたいOKと言ったところでした。初期設定を少し変えるともっとよくなるかと思います。
今回これを持ちだしたのは、シャッターケーブルが2本使えることで、夏場のノイズに強いCooled 6DとD810Aをツインでデザーガイドで使うためでした。これも普通に使えました。

撮影風景です。

ガイドのほうは、こんな感じです。


とりあえず、6Dでの撮影したものをアップします。条件がもう一つだったので、できはイマイチでした。
北アメリカとIC1396の間を撮影したものです。
撮影データ:Canon EOS6D(SEO Cooled) ISO1600 
APO Sonnar 135mm 絞りF2.8 2.5min x16 南北モザイク(total 80min)
ATLUX (AGS-1S) SS-one Autoguider + ASI120MM + 50mm Cマウントレンズ Dether 6
RAP2でDARK&FLAT補正→CS6でTIFF化→SI7でコンポジット→CS6でPhotomergeと仕上げ

以下は自分の覚えです。
Paremeter 
Brightness/Contrast → 5/3
Star bright level → 0
Guide Parameters
→ RA/DEC Threshold 0.2 精度を上げたいときは0.1もしくは0
→ Sense Auto もしくは Fixにして0.4 暴れるときは値を小さくする
Moving Average N 初期値:Count 3, Ratio 0.5

Guide Port: ASIカメラのとき、Camera ST4
Calibration Step ~100mmまでは3000ms、長くなれば1000~3000mmへ

Enable Binnig
Gain 25, Exposure 1/2sec, Gamma 5, StarGain 2
No Starのとき、Exposureを延長、Star Brightnessを上げる

Detherの移動量は50mmでは2くらいか?

暗黒星雲萌え2017年08月06日 09:44

九州南部に台風が接近しています。進路にあたる地域の方は、十分な備えをしてください。当地もしっかりと予報円の中に入っています。

台風の影響もあると思うのですが、当地での昨日の最高気温は体温よりも高い37.2度だったそうです。昨日は、大学の天文研の現役の学生とOBの交流会がありました。OBの方は、近隣の50歳前後の方が多かったです。趣味の時間をとれるのは、30~40歳台の方には難しいのかなと思いました。若い学生の活動を拝聴していると、はるか昔を思い出します。また、天体写真以外にもいろいろと天文関係の活動はあるものと、改めて感じました。とは言え、自分は天体写真(撮影、機材、画像処理など)に回帰して10年というところで、この領域の中ではマニアックな領域にのめり込んでいるのだと自覚した次第です。

天体写真の中でも、さらにマニアックな領域は、暗黒星雲になるかと思います。暗黒星雲に萌えていると書いて、FB上で変態マニアと自覚した次第です。一般受けは悪く、綺麗とは言い難いのですが、うねうねと複雑な構造や反射星雲や散光星雲が絡む領域は、自分にとっては萌え萌えの領域となります。しかし、これをしっかりと描写するのは至難の事で、撮影技術の拙さや画像処理の引き出しの少なさのため、以前から計画しては実現しないままです。
これらの領域は、国内の写真検索ではヒット数が大変少ないのですが、国外になるとLDNXXXで検索するとわんさかとヒットしてきます。日本国内は健全な天体写真ファンが多いようです。

この夏に撮影を計画している領域は、白鳥座尾部とケフェウスの間にある領域です。Key Wordとしては、LDN988、LDN1003、Le Gentil 3なんかになります。普通に写しても暗黒帯が伸びているのがわかります。LDN988は2015.9.24のAPOD2014.11.20のAPODにも取り上げられているので、国外では人気領域なのかもしれません。

Mapとして、2年前に撮影したものを張っておきます。難易度はかなり高い領域だと思います。とりあえず330mmのツイン撮影で、6分x20x2を予定しています。なんとか、今年撮影してみたいと思っています。