控えめな勾玉2016年12月05日 20:01

先週木曜夜に北米出張から帰りました。
出発前日も快晴の夜、先週金曜夜も快晴でしたが、どちらも撮影に出かける事ができず、この新月期は坊主になりそうです。仕事あっての趣味とはわかっているのですが、晴れた夜を見送ることは大変恨めしく感じます。

11月初めの撮影分が残っていたので処理しました。
D810Aでの撮影ですが、やはり改造機に比べると、H-alphaの写りはかなり劣る感じです。今回は、H-alphaの強調をことさらせずに処理をしてみました。勾玉にからむ青い部分が綺麗になったのかなと、自分で慰めています。撮影時間を気にせずに思い切り撮影できる夜が来ればと願うばかりです。

影データ:NIKOND810A ISO1600 
BORG125SD+0.85DGL (合成FL=638mm/F5.1) 6min x17 (Total 102min)
EM200赤道儀 QHY 5L-II + miniBorg50 PHD Guiding
DNG Conv. → RAP2でダーク&FLAT→CS6でRAW現像TIFF化→SI7でコンポジット&カブリ補正→CS6で強調と補正処理


おうし座分子雲2016年11月15日 20:19

先日撮影したものを処理しました。構図がイマイチでした。
分子雲にも黒っぽいところや茶っぽいところ、灰色がかったところなど色合いに変化があるのですが、私の場合処理に問題があるのか、モノクロームになってしまいました。
撮影データ:Canon EOS6D (SEO-COOLED 6D) ISO1600
APOゾナー F3.5  フィルターなしで3min x33  総露出時間1時間39分
ATLUX(AGS-1S改) M-GEN+Kowa75mmでsnake modeでのデイザーガイド
RAP2でダーク&フラット→CS6でRAW現像→SI7でコンポジット&カブリ補正→その後CS6で強調

いつものめぼしい暗黒星雲の名前です


ヒアデス付近の分子雲2016年11月11日 21:50

昨年から撮りたいと思っていた領域です。

淡いもの分子雲とその中に潜む小さな反射星雲です。おうし座には分子雲がたくさんあるのですが、ヒアデス付近にも、いくつかの星雲があります。アルデバランの赤や青い星の色も消さないように処理をしてみました。
NGC1554はハインドの変光星雲というらしいです。

撮影データ:Canon EOS6D (SEO-SP4) ISO1600
BORG 77ED-II + F4DG twin system
SEO COOLED 6D+SEO SP4 6D
フィルターなしで5min x16 x2  総露出時間2時間40分
ATLUX(AGS-1S改) M-GEN+Kowa75mmでsnake modeでのデイザーガイド
RAP2でダーク&フラット→CS6でRAW現像→SI7でコンポジット→CS6で2つのコンポ画像を自動整列と変形機能で微調整でコンポ→その後CS6で強調

星雲に名前を入れました。



二重星団2016年11月10日 08:23

先日撮影した二重星団をアップします。

撮影は前回のM33と同じD810AとBORG125SD+0.85xDGLの組合せです。
デジカメで星の色が出にくいので、今回は少し露光の短い画像をカラー画像のRGB画像として、長めの画像をコンポジットしたものをL画像として、LRGB合成してみました。結果は、普通に撮影したものと大差がありませんでした。思い付きでやってみたのですが、画像処理についてもう少し、色々とやってみたいと思います。

影データ:NIKOND810A ISO1600 
BORG125SD+0.85xDGL (合成FL=638mm/F5.1)
90sec x1 をRGB、6min x5をL画像
EM200赤道儀 QHY 5L-II + miniBorg50 PHD Guiding
DNG Conv. → RAP2でダーク&FLAT→CS6でRAW現像TIFF化→SI7でコンポジット&LRGB合成→CS6で仕上げ


M332016年11月08日 12:26

D810AとBORG125SD+0.85DGLでM33を撮影してみました。

タカハシのNIKONマウントアダプターやT2マウントなど未入手だったので、一番長めの筒でこれをひさしぶりに持ち出しました。D810Aですが、前回もでしたが、思ったほど赤は出ないと感じました。画像処理での強調が必要と思いました。系外星雲の処理は、なかなか難しいと感じました。

撮影データ:NIKOND810A ISO1600 
BORG125SD+0.85DGL (合成FL=638mm/F5.1) 6min x15 (Total 90min)
EM200赤道儀 QHY 5L-II + miniBorg50 PHD Guiding
DNG Conv. → RAP2でダーク&FLAT→CS6でRAW現像TIFF化→SI7でコンポジット&カブリ補正→CS6で強調と補正処理

BORGのフラッグシップの125SDですが、F4DGとの組み合わせも良いのですが、DGLとも相性が良いです。取り扱い説明書では40φで星像20μ以下、43φで光量89%となって、四隅の星像が少しいびつになりますが、十分許容範囲内でした。今シーズンはもう少しこれを使う予定です。
もっと晴れて欲しいものです。