遅い梅雨明け2020年08月03日 08:20

先週水曜に遅い梅雨明けとなりました。
夕方のネオワイズは、先月の新月期の雄姿からは、かなり光度を落としているようでした。自宅からの簡単な撮影で、確認するに終わりました。それでも、暗い空で撮影するとテールをしっかり撮影できたようですが、暑さや蚊の襲撃、西の空で光害の影響が大きいので、本格的な撮影は断念しました。

週末には、観測小屋に行ってきました。
梅雨明け前に一度草刈りをしていたのですが、梅雨明け後の草刈りに行ってきました。やはりかなり草が伸びて、フェンスを越えて草が押し寄せていました。

熱中症にならないように、水分補給しながら草を刈りました。


草刈りを終えてほっとしたら、小屋の外壁で小さなカマキリを発見。

まだ十分羽が生えそろっていない、幼虫の様でした。

以下は医療人としてのぼやきです。スルーしてください。

世間では、コロナの第2波が言われています。夏場は、風邪と同じように減るとは減らないとか根拠のない話も出ていましたが、夏の暑さや湿度とは無関係の様です。今回の新型コロナの感染については、色々なTVや雑誌が無責任な情報を垂れ流し、それに踊らされているような気がします。

新型コロナは若年者には、比較的影響が少なく、無症状や症状が軽い人が多いのが問題で、これらの感染者が感染を広げている様です。特に問題となるのが、60代以上では、かなりの重症化リスクがあり、70代以上では死亡率が数%あるという事実です。自分も、けっして軽く済むとは言えない年齢となっているので、人込みを避けて、手洗いやうがい、マスク着用をしています。星を見る事自体は、感染リスクにはなりませんが、体力を低下させる徹夜などは、しばらく自重しようと思います。
今のGO TOキャンペーンなんかは、経済を死なせていけないということで、老人は死んでもかまわないという政府の施策です。今後の医療体制の危機と崩壊が危惧される状況です。


ε160EDやエクステンダーPHのこと2020年07月13日 18:35

タカハシからε160EDの発売の発表がありました。
補正レンズにEDガラスを使用し、フルサイズ周辺でもRMS=3ミクロン以内というスポット像を得たとの事です。旧ε160の1/10、デジタル対応補正レンズを付けたε160の1/5という高性能となっています。残念ながら、このED補正レンズは旧型には対応しないとの事。
税込み価格で¥379500となっています。
ε160、ε130Dがあるので、どうすべきかと悩みます。稼働率はどちらも年に2回程度で、そこまで使っていないのが現状です。自分の年齢と撮影スタイルからは、過剰な機器になる可能性が高いので、考えてしまいます。

先日ポチしたエクステンダーPHですが、早く試してみたいと思います。
初代のエクステンダーと違い、かなりのサイズになります。

接眼部からかなり飛び出しており、重いカメラはつけないほうがよさそうです。

最近の夏は、不安定で、すっきり晴れることが少ないです。現状は、梅雨明けがいつになるかもわかりません。NEOWISEの姿をみることができるのはいつになることか?
新機材をテストするだけで、終わってしまいそうな夏です。


梅雨本番2020年07月06日 12:41

ここ数年、梅雨後半のこの時期には、毎年の様に豪雨被害が報じられている。温暖化により、雨の降り方が従来とは違い、線状降水帯が発生して、各地で被害をもたらしている。九州の方が大変な事になっています。
こちらは、そこまで雨は降っていませんが、連日の雨の天気です。やることもないので、過去の画像をいじっては、少し気分をまぎらしています。

たて座のsmall star cloudの北側の暗黒星雲を狙ったものです。青く輝くわし座のλ星からゆるやかなカーブで連なる星の並びが素敵です。M11は、かなり密な散開星団です。

いくつもバーナードナンバーのついた暗黒星雲がありますが、対比するとはっきりしないものもあります。




Sadr付近の散光星雲再処理2020年06月26日 18:12

梅雨も時々中休みしながらのお天気ですが、なかなかすっきりとは晴れてくれません。この時期は、本当はさそりやわし座を撮りたいと思うのですが、今年もとれないままに過ぎてしまいます。

梅雨明けには、はくちょうやそれから北側の撮影になります。ということで、はくちょう座γ星(Sadr)付近の散光星雲を撮影したものを再処理してみました。
暑い時期だったので、キムチ改造の60D(Astro 60D)の撮影です。今なら、Sooled 6DやD810Aの出番になるところです。

HEIUB-IIではなくて、HEUIBの撮影になります。絶版のフィルターですが、色調的には、これが最も好みのフィルターです。

いつもの様にめぼしいものにマークを入れました。
Sharplessさんも、この部分は赤い星雲だらけなので、Sh2-108でひとまとめにしています。それ以外にも、名前のはっきりしない星雲があります。

赤い星雲が主ですが、少し色調の異なる領域もあります。小さな暗黒星雲もあって、アップにしても面白いと思います。梅雨明けには、また狙ってみたいと思います。

今年の撮影計画は、豪州遠征が中止となり、大幅に狂いました。撮影のモチベーションが下がっています。梅雨のさ中で、ポチリニス菌の増殖期でもあり、もーちベーションをアップさせる刺激策が必要です。

今月末のキャッシュレスポイント還元も間近となってきました。
まずは、VIXENのエクステンダーPHをポチしました。
ポイント還元とは無関係ですが、9年間外の観測小屋に置きっぱなしであったEM-200をオーバーホールに出しました。
もう一本レンズをねらいましたが、あいにくお値段が今上昇中で、様子見です。

部分日食2020年06月22日 12:17

昨日の夏至の日は部分日食の日でもありました。

天気予報は、午後からは晴れるとの予報でしたが、雲の南下が遅れ気味で、日食前半は厚い雲越しで、欠けたのがわかりませんでした。最大食分を過ぎて、しばらくした頃から、雲が無くなりました。そこからは終了までは、しっかりと見る事ができました。

太陽面は、ここのところ黒点も無くて、寂しい状況でしたので、軽めの機材での撮影をしました。


18時過ぎには、欠けた部分がどんどん小さくなっていきます。月が太陽の前をよこぎっているのが実感できました。


梅雨のさ中であったので、晴れてくれるとは思わなかったのですが、なんとかこのイベントを見ることができて良かったです。

今回の撮影には、R200SS用の旧式の1.9Xエクステンダーを使用しました。
R200SS用のエクステンダーPHが昨年発売されており、たいそう評判が良いので、6月末のキャッシュレス決済の恩恵をうけることのできる間にと思い、ポチしました。