寒い荒天の冬2018年01月28日 12:01

今週は、四国でも寒い日が続きました。月が大きくなったので、どちらにしても、冬眠状態です。

撮影できないので、過去画像を用いて、再処理なんかをしてみました。昨年撮影したD810Aのオリオンですが、私の印象では、色調に違和感を覚える画像となりました。このデータ自体は、フォーカスもガイドもぴったりで、元データとしては良いので、昨年はこれをL画像として、RGBデータを以前撮影したデータを利用して、RGBモードでのLRGB合成をしてみました。前回Labモードでの合成はしていなかったので、今回それをトライしてみました。

以前のRGB画像として、60D+APO sonnarで撮影したデータを用いました。APS-Cの135mmなので、35mm相当での焦点距離は216mmとなり、77EDII+F4DGの330mmに比べ、解像度や画角がかなり異なりますが、トライアルなので良しとしました。

PhotoshopのLabモードで処理をしていくことになります。
2つの画像をPhotoshopのレイヤーの自動整列機能と変形を利用して、ぴったりと合わせてから、L画像とRGB画像を作成します。色調の好ましい60D+APO Sonnar側の画像をRGB画像として保存、L画像側はD810A+77EDII+F4DGの画像とします。

RGB画像をLabモードに変換して、Lチャンネルの画像をD810Aで作成したL画像に差し換える方法になります。

このままだとL画像のコントラストが元々のRGB画像のコントラストに依存して変化するようなので、レベル調整の調整レイヤーを作成してL画像のコントラスト変化させて調整することになります。
それで作成したオリオンはこんな感じです。


D810Aのデータの利点である高解像度低ノイズ画像を生かしつつ、色調の違和感がありません。
D810Aで、ビビッドな色調の画像処理をされている作品を見ると、どうされているのだろうと考えてしまいます。今回、D810Aの画像処理のアプローチの一つとしてトライしてみました。

冬の撮影できない時期はいろいろと妄想がわいてきます。
フルサイズのカメラレンズ撮影では、光害カットフィルターは使いづらいです。フルサイズ用のレンズ後部のフィルターもありますが、高性能レンズや広角レンズでは画質の劣化は避けづらいと思います。

ほんまかさんのR64フィルター利用の赤い星雲強調を応用した画像での撮影をトライしようと画策しています。R64の径の大きなフィルターは入手困難ですが、R60ならば77mmや72mmといったフィルターもヤフオクで数百円で入手可能です。これをレンズ前に入れて、L画像の補助データすることを考えています。


初撮りならず2018年01月16日 08:29

先週は、ここ四国でも寒波のため、平地でも雪が降るブルブルの週となりました。

日曜の夜の予報は、快晴となっており、予報通りにすっきり晴れてきました。準備をして、いつもの小屋(海抜400m)まで、行きました。
山の中なので、少し心配しながら行ったのですが、道端には、雪が残り凍結路となっていましたが、すんなりと行くことができました。到着して、小屋のスライディングルーフを見ると5㎝以上の雪が残っていました。触ると、カチカチに凍っており、除雪は無理で、スライディングルーフを開くことができません。凍てついた空には、オリオンやシリウスがキラキラ光っています。ぽた赤を用意していなかったので、残念でしたが、引き返しました。海遠征も考えていたのですが、南予方面は、こちら以上に雪が多かったのと、交通量が少ないところなので、凍結路であることが予想され、どちらにしてもダメでした。

残念なので、2015年撮影のガム星雲を再処理しました。EOS60D+Smaynag35mm/F1.4にLPS-V3を入れたものです。赤ハロが出てくるのが、この組み合わせの問題点です。対策を考え中です。



明けましておめでとうございます2018年01月01日 12:10

明けましておめでとうございます。

なんとはなしに、年が明けた感じです。
何事もなく平和に日常の時間が過ぎていくのが、一番なんだと思います。その中で、できるだけ楽しい出来事、思い出を作っていくのが、これからの1年としていきたいと思います。
皆様方にも、良い一年でありますよう祈念いたします。

犬年なので、おおいぬ座の撮影を探したのですが、あまりありませんでした。
2014年に撮影したもので御容赦ください。


今年も、南天対象をメインに撮影していくつもりです。5月と9月には、オーストラリア遠征を予定しています。お天気に恵まれ、頑張って撮影する機会が多いよう願っているところです。

2017年を振り返り(機材編)2017年12月30日 16:41

例年の様に、今年一年の機材を主に、反省を込めてまとめてみました。

1月には、3台目の6D(Starshop新改造)を入手しました。これまで6Dを3台入手して使っています。

1台目(SEO-SP4)は落下事故でマウント部に狂いが生じ、スケアリング調整リングを作り、直焦点専用機として活躍しています。2台目は、冷却改造6D(SEO-Cooled)です。冷却6Dは、夏場にはノイズ低減効果が顕著でありがたいのですが、重さとレンズ接点がないので、絞りのコントロールなどが不便であったため、もう一台Starshop新改造の3台目の6Dを入手しました。大変綺麗なカメラでしたが、残念なことにスケアリングチェックで、狂いがあったので、マウント側でシムテープを切って調整しました。

マウント側のネジは、大変渋いので、ふつうに回すとなめる恐れがあります。できるだけ、しっかりしたドライバーを使い、ネジ滑り止め液を併用してはずす必要があります。

以下のサイトの情報から、4本のネジをはずしても、素直にマウントは外れないことがわかっていました。隙間ができるので、そこに真ん中に穴を空けた、シムテープを滑りこまして調整します。スケアリングチェックはレーザーと鏡を使う、よっちゃん方式です。これで、スケアリング調整をして、とりあえず片ボケは改善しました。
6D Mark IIが出ていますが、ノイズ面では6Dと差がないので、現状では、このままで良いと思っています。高解像度のD810Aは、電源問題で海外遠征に持って行かなかったのですが、天文ガイド1月号にUSBパワーコンバーター記事があり、これを参考にして考えてみます。

6D以外には、オーストラリア遠征に備えた小物をいくつか購入
スーツケースにFP32Nを買ったけれど、かなり小さめでした。大事な機材の保護には、少し安心感がありました。

ソフトは以下の2つを導入
CCD Inspector
SI-7をSI-8にバージョンアップ

D810A用レンズなどで
Samyang 135mm/F2
Tamron SP 45mm/F1.8
Takahashi NIKONマウント

PrinterをPro9000からPro10Sへ

最後に望遠鏡やオートガイダー関係です。
SS-one Autoguiderのために、ASI120MMを導入しました。これは、主にM-GENのバックアップとして使っていますが、ガイド精度はM-GENのほうが良いですが、使い勝手やインターフェースはSS-oneのほうが良い感じです。

ということで、GP2にSS-one用Aセット、すなわち自動導入モータとSS-one Autoguider Proを導入しました。
今年の遠征にはGP2にK-ASTECさんのバックラッシュレスドライブのモーターとAGS-1Sの組み合わせで駆動して、PC導入としました。理由は、電源消費量が少ないためでした。しかし、オールインワンのAutoguider Proならば、2軸駆動に加えて、PCレスのスマホのSkySafari経由の無線での導入ができ、オートガイドもできます。またテストして、電源消費量もチェックしていきたいと思います。


その他 HEUIB-II の玄天Pro 52mm
K-ASTECさんからレボルビング装置など

大物なしで、一年我慢しました。その代わりに、南天遠征で撮影機会を増やした状況です。

9月に60歳を迎えましたが、後何年健康に過ごして、星を楽しむことができるか、考えるようになりました。健康年齢が70歳まであったと仮定すれば、後10年しかありません。50代の10年も速くすぎていきました。天文活動的には、再開して、それなりに楽しんできたと思うのですが、仕事とのバランスには苦労しました。体力的にも徐々に厳しさを感じています。

これまでは仕事あっての趣味、趣味と仕事のバランスをとりつつ、楽しむスタンスでしたが、来年以降は、少し仕事をセーブしつつ、もう少しゆっくりとした時間で楽しみたいと考えています。来年4月以降は、パートタイマー兼フリーターとして、働いていく予定となっています。管理職的な部分をそぎ落して、これまでの経験を生かした実務での仕事のみに絞っていくつもりです。

とりあえずの楽しみは、1歳4ケ月となる孫娘の相手をするのが一番です。ジッジと呼んでくれるようになりました。天文活動は、寒さに負けずに、やっていく予定ですが、お天気次第といったところです。

来年は5月と9月のオーストラリア遠征を予定しています。これから、撮影計画をたてて、それに基づいた準備をしようと考えています。

来年も、つたないブログですが、お付き合いいただけたらと思います。
しかし、またヤフーがブログを変えるようなので、もしかしたら平行してやっているもう一つブログとFBに移行するかもしれません。


2017年を振り返り2017年12月29日 11:24

今年も残すところ3日となりました。一年の経つのが、大変速くなるのは、年のせいなんだと思います。あっという間に過ぎてしまいました。ここ数年は、異常気象のためか、天候不順の月が多い様に感じます。というか、異常気象が当たり前になってきているのかもしれません。

そんな中で、今年、初めてオーストラリア遠征に行ったことが、大きな収穫となりました。狭い日本を抜け出して、光害やPM2.5のない、南天の始めての撮影は新鮮でした。限られた機材で、撮影したのですが、初めてチャレンジする対象なので、楽しかったです。撮影条件が良いので、思った以上に良い写りをしてくれるのも、うれしいです。誘っていただいたHさんとお世話になったAさんには、感謝です。来年も行く予定としています。

さて、そんな状況で天文誌にも何度か応募できる作品作りができました。国内撮影分3作品、遠征撮影3作品を採用してもらいました。

星ナビ6月号 「Vela SNR」
佐田岬遠征で撮影したものです。条件の良い夜が少ないなか、2月末になりようやく撮影したものでした。


星ナビ8月号「彼岸花と出目金星雲」
四国カルストで撮影したものです。撮影条件が良かったので、助けられました。


天文ガイド9月号「天の川アーチ」
オーストラリアで撮影したかったナンバー1の対象でした。明るい天の川中心が天頂に来たとき、影ができることに感動しました。

天文ガイド10月号「みなみのかんむり座に広がる反射星雲」
日本では低空のため、撮影時期が限られてしまいますが、南天では高度が高く、逆に構図確認が不十分となりました。



天文ガイド11月号「たて座~へび座(尾部)の暗黒帯
いつものホームグラウンドで撮影したものです。
数年前からチャレンジしてきましたが、今回はアポゾナー解放で短時間での多数枚撮影でデータを取ることができて、作品レベルになってくれたと思います。こんな暗黒帯に萌える自分は、変態マニアと自覚した作品です。


星ナビ11月号「小マゼラン雲とNGC104」
南天遠征の最後の夜、最後に撮影したものです。低空でありながら、澄んだ空で思いのほか良く写ったので応募した作品です。


今年採用された作品を振り返りましたが、撮影条件に助けられたものばかりでした。機材や画像処理ももちろん重要な要素になりますが、良い空は一番の力と思います。来年も良い天気に恵まれて、たくさん撮影できたらと思います。