LPS-D1とHEUIB-II合成によりオリオン2017年01月13日 19:59

D810Aでのオリオンは普通に処理すると大変大人しいオリオンとなってしまいました。そこで、TWIN撮影でのデータが少なめで放置していたのですが、LPS-D1とHEUIB-IIで撮影したオリオンがあったので処理してみました。

HEUIB-IIもLPS-D1もH-alphaを透過させつつ、赤かぶりを抑え気味にするフィルターです。LPS-D1は主に光害カットフィルターとして使われますが、よりH-alphaを強調させてくれます。この2つのデータを合成してみました。結果として、赤い星雲は大変楽に描写することができて、改造機の恩恵を感じます。この色調が正解かどうなのかは不明です。なぜ、違うフィルターを使ったかの理由は、単純にHEUIB-IIを2枚持っていなかったので、こういう組み合わせでの撮影したといいうことになります。
撮影データ: Canon EOS6D(SEO-SP4) ISO1600 、EOS6D(SEO-COOLED 6D)
BORG 77EDII+ F4DG (HEUIB-II) 6min x6, BORG 77EDII+ F4DG (LPS-D1)  6min x5
GPD赤道儀(AGS-1S BLD改造) M-GEN Kowa 75mm Snake modeでディザーガイド
RAP2でフラット&ダーク処理→CS6でRAW現像TIFF化→CCD Stack2でコンポ→SI7でデジタル現像&カブリ補正→CS6で2つの画像を合成処理その後強調処理 

IDASのHPを見ると、より薄い1mm厚の玄天Proがいつの間にか発売になっていました。ツイン用にもう一枚HEUIB-IIを買うつもりです。ツイン撮影の目的以外に、以下の期待がありますが、どうでしょうか?

F4DGの場合、補正レンズの間にフィルターが入るので、バックフォーカスの影響は少ない様に感じますが、レンズ後部に普通の2.5mm厚のHEUIB-IIなんかを入れると、フィルター厚の約1/3程度のバックフォーカスの延長を来します。大変シャープなApo Sonnarではレンズ後部にフィルターを入れると、フルサイズ一眼の周辺像に影響が出るみたいで、今のところ使えていません。フィルター厚1mmであれば、これが少なくなるかもしれないかと少し期待しています。



ぎょしゃ座の小さな宝石2017年01月11日 19:04

D810Aで、お正月に撮影したもう一つの対象は、IC417でした。

勾玉星雲の近くの小さな散光星雲ですが、大変きれいな星雲なので、チャレンジしてみました。やはり、小さくて迫力がなく、もう少し長い焦点で写す必要がありますが、雰囲気はわかります。
撮影データ:NIKOND810A ISO1600 
BORG125SD+0.85DGL (合成FL=638mm/F5.1) 6min x15 (Total 90min)
EM200赤道儀 M-GEN Kowa75mmでsnake modeでのデイザーガイド
DNG Conv. → RAP2でダーク&FLAT → CS6でRAW現像TIFF化 → CCD Stack2でコンポジット → SI7で&カブリ補正&デジタル現像 → CS6で強調と補正処理

星雲名を入れてみました。

もう少し長い鏡筒が必要ですが、RC鏡は調整が難しいです。まだ、満足に撮影できたことがありません。

IC21772017年01月10日 18:52

1月8日未明、月没後に撮影したIC2177です。南中も過ぎていたので、どうかと思っていたのですが、透明度も良くて比較的良く写ってくれました。

カモメ星雲とかわし星雲とか呼ばれますが、単純に赤いだけではなく、淡い青い星雲がからみ、大変綺麗な星雲です。冬の銀河の中で、たくさんの星がある領域で、小さな散開星団もいっぱいあります。画面左隅のNGC2359が入るようにフレーミングしたのですが、この星雲はThor's Helmetと呼ばれています。何でヘルメットかというと、拡大して東から見ると、北欧神話の雷神トールがかぶっているヘルメットに似ているとの事です。
撮影データ:EOS 6D (SEO-COOLED) ISO1600 
BORG77EDII + F4DG(合成FL=330mm/F4.3) 6min x17 (Total 102min)
ATLUX赤道儀 M-GEN Kowa75mmでsnake modeでのデイザーガイド
DNG Conv. → RAP2でダーク&FLAT → CS6でRAW現像TIFF化 → CCD Stack2でコンポジット → SI7で&カブリ補正&デジタル現像 → CS6で強調と補正処理

覚えのために、IC2177以外の星雲名を入れました。





M782017年01月08日 12:02

元旦の作品その2です。

M78を撮影しました。ウルトラの星で有名な星雲ですが、やや青白い明るい星雲です。複雑な暗黒星雲を伴っており、長焦点でも面白いと思いました。本作はいつもの77EDIIでの撮影でした。ツインで撮影するつもりが、もう一つのカメラのSDカードが入っていなくてシングルで撮影となってしまいました。
小屋では、ネット接続をしていないWifi環境をつくり、6DはWifi接続しています。これをEOS Utilityで接続確認します。フォーカシングはEOS Utilityのほうがやりやすいと感じ、フォーカシングしたのち、BYEへ行きます。その後EOS Utilityを閉じて、BYEで立ち上げてカメラのコントロールをします。PHDのサーバー機能をONにしておいて、BYEでディザーガイドします。BYEのディザーの設定はデフォルトですが、移動量はかなり少な目の様に感じました。その割には、撮影の間隔はM-GENよりも長い様に思いました。

少し広めの撮影なので、バーナードループをはさんで、LDN1622が面白いです。もう少しカラフルに仕上げてみたかったのですが、赤優位となってしまいました。



撮影データ:EOS 6D (SEO-COOLED) ISO1600 
BORG77EDII + F4DG(合成FL=330mm/F4.3) 6min x22 (Total 132min)
ATLUX赤道儀 BORG50+QHY 5LII PHD2でオートガイド、BYEでデイザーガイド
DNG Conv. → RAP2でダーク&FLAT → CS6でRAW現像TIFF化 → CCD Stack2でコンポジット → SI7で&カブリ補正&デジタル現像 → CS6で強調と補正処理

6D vs D810Aダーク比較2017年01月08日 09:26

yatsuさんの要望のあった非冷却6DとD810Aのダークを、18度の室温で比較しました。
撮影2枚目を比較しました。Photoshop CS6で開いて、デフォルトのままファイルを開いて、その後レベルを255から100まで切り詰めて、ノイズを強調した状態です。中心部を1024x1024で切り抜いてPIXEL等倍100%での表示になります。

当初の印象どおり、18度でのダーク比較は、D810Aのほうが優れています。ただ、かなりレベルを切り詰めているので、ノイズが強調された状態であることをかんがえれば、ダーク引きでなんとかなる状態であると思います。

チラゴーでの使用カメラについては、悩みが続きそうです。