ケフェウスの散光星雲2016年08月29日 19:20

先日撮影したSh2-140付近のデータと2014年の撮影したデータを合わせて、ケフェウス座の散光星雲を再処理してみました。赤い散光を少し強調しています。

この画角でも、そこそこ楽しめますが、次回はアップで狙ってみます。
APO Sonnar 135mm/F2 F2.8
EOS 6D (filterなし)とEOS60D(HEUIB)のデータを合成

お盆休に撮影できたのですが、久しぶりの撮影で、なかなか思うように撮影ができませんでした。
秋のシーズンに撮影をするときの手順を自分の覚え書いておきます。

無線ルータ電源ONで6DをWifi接続可能とする。
PCで以下のソフトを利用
EOS Utility、Focus Aide
PHD(またはPHD2)
Stella Navigator 9(またはSuperStarIV)
Shutter Controllerなど

まずは、SN9を立ち上げ、EZEUS赤道儀を接続
次に、EOS電源ONで、EOS Utilityが立ち上がり、Wifi接続
PHD(PHD2)を立ち上げて、カメラ接続On camera→ASCOM late camera→QHY 5LIIを選択
PHD Server ✔で
Autoguideを可能にしておく。 

次にSN9で導入 画角、中心座標、構図の角度を再チェック

EOS Utility上でライブビュー200%に拡大、Focus Aideとハロの出方でフォーカスのチェック
オートガイド開始
試写 構図確認

Shutter Controllerで
テザリング 1倍(何倍が適切か未検証、秋に検証予定)
時間と枚数を設定、撮影開始する

オートモザイクのテストをまたやってみる予定。

色々なソフトがあり、ステラショットや、APTなんかも試してみたいけれどなかなか試す時間が取れません。
いまある環境を改善するように努力します。


秋の銀河とペルセウス座流星群2016年08月22日 12:31

久しぶりにSamyang14mmを使いました。APS-Cまでなら、星像はそこそこ綺麗です。フルサイズ換算で、22mm相当の画角になります。F2.8なので、明るい流星は期待できません。秋の銀河と流星ねらいで撮影した画像をアップします。
撮影データ:EOS 60D (Central DS) ISO1600 
Samyang 14mm/F2.8 L 絞りF2.8  3min
EM200赤道儀 ノータッチガイド
RAP2でフラット→CS6でRAW現像TIFF化→SI7でカブリ補正→CS6で強調と補正処理
20枚を背景画像とする
流星の写っているコマを背景画像に対し比較明合成 

ペルセ群が2ケ、散在が1ケ写っていました。



ペルセウス座流星群比較明2016年08月21日 12:19

先日アップした画像に加えて、比較明合成をしたものをアップします。
64枚の画像中、ペルセ群は6ヶ写っていました。一ヶは散在か人工衛星と思います。

緑のハロみたいのが写るのが、ペルセ群の特徴みたいです。
撮影データ:EOS 6D (SEO-COOLED) ISO1600 
Canon EF35mm/F1.4 L II 絞りF2.0  60sec
ATLUX赤道儀 ノータッチガイド
RAP2でフラット→CS6でRAW現像TIFF化→SI7でカブリ補正→CS6で強調と補正処理
64枚中30枚を背景画像とする
流星の写っているコマを背景画像に対し比較明合成


ケフェウスの赤ものその12016年08月19日 20:47

透明度のあまりよろしくない夜に撮影したものです。
とりあえず、HEUIBを入れてカラフルになることを期待したのですが、青い部分の写りは不良でした。Sh2-140のあたりは、もう少し綺麗なのですが、H-alphaのみが目立っています。
撮影データ:Canon EOS60D (HEUIB) ISO1600  
APO Sonnar135mm/F2.0 絞り2.8  3min x30 (total 90min)
EM2000赤道儀(AGS-1X改造) Pencil BORG+DSI-Pro PHD Guiding
RAP2でフラット&ダーク処理→CS6でRAW現像TIFF化→CCD Stack2でコンポ→CS6で強調処理

マイナー領域なのでチャート作成しました。IC1396の近くになります。




撮影技術の向上と効率化2016年08月19日 20:44

山の日からお盆にかけて、久しぶりの撮影をしたのですが、なかなかうまくいきませんでした。
なんとも、非効率的な撮影で、短い夏の夜、効率的な撮影できませんでした。その辺りの反省をしています。

今回ようやく、Tezさんのシャッターコントローラーの導入を果たすことができそうです。
GENTAさんにお願いして、インターフェースとなるFT232R基板を作成してもらっていたのですが。1年半以上、放置していました。今回の導入で、 シャッターコントローラーとPHDとの連携して、ディザーガイドもできるようになります。せっかく作成してもらいながら、放置状態で大変申し訳ありません でした。
改めて、お礼を申し上げますm(_ _)m 。
2年前はディザーガイドのメリットについて、十分認識しておりませんでしたが、昨年M-GENを導入して、そのありがたみが分かりました。PHDや PHD2で、デイザーガイドはできるのですが、サーバー機能をオンにする必要があるとの事でしたが、何のことかよくわかりませんでした。
ディザーガイドでは、オートガイドをしつつ、撮影のインターバルに少し画像をずらしてから、次の露光をすることになりますが、シャッターコントロールと連動しないといけません。そのためのソフトの連携が、サーバー機能ということになるのだと理解しています。M-GENはスタンドアローンのオートガイダーな ので、小さなボックスの中で完結しているようですが、PCだとカメラ制御とオートガイドを連動する必要があります。できるソフトが、Maximや Backyard EOSなどで可能との事でしたが、いずれも持っていなかったので、デイザーガイドはM-GENのみとしていました。

しかし、今回シャッターコントローラーの説明をじっくりと読む機会がありましたが、シャッターを制御しながら、PHDとの連携でディザーガイドができるようになります。なんと素晴らしいことでしょう。

さらに、シャッターコントローラーでは、オートモザイクもできるのですが、その部分の検証はまだできていません。少し時間の余裕のある夏のこの期間に、な んとかオートモザイクもできるようになりたいものです。秋になると、また忙しくなって、撮影するので精一杯となると思います。