今回の南天遠征ドタバタ2018年09月07日 11:08

南天遠征も3回目で、いつもの様に松山から伊丹経由で、リムジンバスで関空まで行く予定でした。国内線は20kgを越える受託荷物の料金が高いのと、重い荷物を持ち移動するのがいやで、空港宅急便で台風接近中の4日(火)午前に赤道儀の入ったスーツケースを一つ発送したのです。
それからあとの状況は皆さんご存知の様に、関西空港の第一ターミナルは高潮で冠水するわ、連絡橋にタンカーが衝突するわで、孤島状態となりました。今回の台風21号の風は半端じゃなかったようです。進路の西にある当地では、台風接近の感じもしないくらいでした。

その後、関空の状況が酷いとの事で、閉鎖状態が続いています。9月7日(金)に関空からケアンズに行く予定でしたが、雲行きが怪しい状況となりました。空港再開の見通しはしばらくは難しいとの報道がなされ、今回はダメかなと思っていました。それでも、ジェットスターからは、昨日までは定時出発の案内しかありませんでした。今日の午後7時にメールで、ようやく7日の便は関空からは飛ばず、成田から飛ぶよとのメールが来ました。問題は、宅急便で送付した赤道儀の入ったスーツケースです。追跡すると調査中で、どこにあるか不明でした。そこで、サービスセンターに電話してみたところ、関空への送付は未だの様で、転送もしくは返送をお願いしました。月曜以降の到着になりそうで、残念ながら、今回は無理と判断して、全てキャンセルとなりました。残念な事です。

今年の夏は、当地でも大雨の被害が出て、その後何度も台風が来て、21号台風では京阪神を直撃して、高潮や強風被害をもたらしました。今朝は、北海道の地震報道で大きな山崩れで死者も出ているようです。この夏は、災害列島とも言える状況です。被害に遭われた方や犠牲となった方に、心よりお見舞い申し上げます。


プリンターインクはどこから?2018年07月07日 18:47

西日本の大雨は大変な状況のところがいくつもあり、被災された方々には、お見舞い申し上げます。当地も昨夜はかなりの雨となりましたが、線状降雨帯には入らなかったようで、近くの水路の水かさが上昇した程度でした。

さて、今月のフォトコンは、残念ながら撃沈しました。南天撮影第一弾で、77EDIIでのLMCと90㎜で撮影した南十字からηカリーナを送ったのですが、強調しないでも綺麗だったので、ストレートに投稿しました。それが悪かったのか?
最近のフォトコンは、レベルアップして、並の作品では入選が難しくなっていると感じます。入選が目的で撮影したり、南天にまで行っているわけではありませんが、少し寂しく感じるのは仕方ありませんね。

本日は、自宅でのんびりと9月の遠征準備をしたり、次回応募のプリントをしたりしています。Pro-10Sのプリントですが、まあまあいい感じにプリントできています。と思ったら、インクが無くなり、買い置きのカートリッジに交換したのですが、手持ちの予備もなくなってしまい、一色足りません。

インクカートリッジの注文ですが、前回アマゾンで頼んだキタムラネットショップのものは表示がありません。大変高い値段が表示されています。安いのは互換インクばかりです。アマゾンからは、インクを買うのはやめることにしました。しかし、Pro-10SのインクはPGI-73はポピュラーではないようで、田舎では入手が難しいです。キャノンのオンラインショップのほうが安く、価格COMではもっと安い店もあります。送料込みでの値段で考えてみる必要があります。

写真なしでは寂しいので、5月遠征の際に試しで撮影したM8とM20をアップします。M8の中心部は、明るいので処理が難しいです。多段階露光などをしないと構造が出てこないです。9月はまだ撮影できるので、どうするか考え中です。
撮影データ: BORG77EDII+F4DG (330mm/F4.3)
Canon EOS6D(SEO SP4) HEUIB-II Filter使用 ISO1600 6min  x8(Total 48min)
GP2赤道儀(BLSドライブAGS-1S改) M-GEN Kowa 75mmでデイザーガイド
RAP2でダーク&FLAT→CS6でRAW現像後TIFF→SI8でコンポジット&カブリ補正→CS6で仕上げ


Ballandean遠征 その22018年05月21日 20:18

Twinstarでの初日の夜は、22時過ぎからガスや雲が出てくる。
その後はべた曇りになり、疲労もあり、熟睡となる。時々空を見上げるが、ダメそうなので寝る。

Ballandean遠征3日目 13日(日)
目覚めると、快晴の朝であった。朝まで粘った同行者に聞くと午前4時くらいから良く晴れてきたとのこと。朝食をとり、再度まったりと午前中をすごし、長旅の疲れを癒すことができた。

昼から、近くのPyramidを2つ見学にいく。一つ目は、ブドウ園を作る際にたくさん出てきた岩を積み上げたもので、個人が作ったものだそう。なかなか大きくて、立派。

そこから、Girraween国立公園のあるところへ移動。ここは、岩が多くて、その岩の一つがピラミッドと言われている石の山。

散策路のTrailが整備されており、短いのを歩いた。途中で、浸食によって、バランスをとっている岩が数か所あった。

Trail歩きから帰ってから、昨夜データのチェック。
機材はきちんと動作しているようで、ガイドやスケアリングに問題はなさそう。再び、昼寝をして、夜を待つ。

Twinstarの2晩目は、一日目に比べ雲も少なく期待が高まる。昨夜セットアップした機材を再度チェックして、薄明終了から撮影開始をすることができた。20時くらいから21時半くらいまで、一時的に曇ったが、その後は朝まで良く晴れてくれた。機材も順調で、撮影することができた。これで、坊主で帰らなくて良くなり、ほっとすることができた


Ballandean遠征2018 その12018年05月19日 23:49

覚えになる旅行記になるので、お暇な人はお付き合いください。

まずは、撮影画像をぼつぼつ処理しながらアップします。
まずは、大マゼラン雲(LMC)です。
昨年のチラゴーに比べると緯度が高くなったので、LMCも随分と高度があり、早い時間帯だと十分撮影できました。肉眼でも、まさに雲のような大きな星雲です。
小マゼラン雲を撮影したときも、きわめて多くの微光星がうつり、一見するとノイジーに見えてしまいます。BORG77EDII+F4DGの330mmでは、はみ出してしまいました。
撮影データ: BORG77EDII+F4DG (330mm/F4.3)
Canon EOS6D(SEO SP4) HEUIB-II Filter使用 ISO1600 6min x12(Total 72min)
GP2赤道儀(BLSドライブAGS-1S改) M-GEN Kowa 75mmでデイザーガイド
RAP2でダーク&FLAT→CS6でRAW現像後TIFF→SI8でコンポジット&カブリ補正→CS6で合成後仕上げ

さて、本題の遠征記です。
Ballandean遠征1日目
松山空港を定刻に出発。JAL便だったので、大きな荷物は松山空港で預けて、ブリスベンで出てくる手筈。これは良かった。羽田で、少しだけ両替をして、国内線ターミナルから国際線ターミナルへ移動。同行のHさんらと合流。

今回ブリスベンまで行く経路は成田発の直行便もあったが、50kgの荷物を持って国内でうろうろしないで済む方法で、羽田からシンガポール経由で行く方法を選択。羽田からのJALのシンガポール便はガラガラであった。Transitに三時間かかるが、途中で降りて手足を伸ばしている時間で、それほど苦痛ではなかった。しかし、共同運航便のカンタスのエコノミーは満席で、しかもシートピッチが恐ろしく狭く、身動きできないくらい。また通路も狭く、人が通るたびに肩にあたるような感じ。この便には、ほとんど日本人はいないようで、ブリスベンへ行く方法としては、変則的な経路のよう。

Ballandean遠征2日目
朝の6時過ぎにBrisbaneに到着したが、その後の流れは昨年と同様の電子的な手続き。手荷物受取で、2人に荷物が出てこない。係員に訊ねると、荷物の大きさが大きいと、別のオーバーサイズのところに出て来るとのこと。少しだけ長いだけであったが、確かにOversizedのところに2人に荷物を発見。ロストにならずに安心。

ついで、レンタカー手続きをした。借用したレンタカーは、クルーガーというフルサイズのSUV(日本のランクルによく似ている)であった。4人でたくさんの荷物を積むがギリギリでセーフな状態。天文遠征には、3人で1台くらいが良い選択だと思う。オーストラリアの交通は、英国や日本と同じ左側通行、右ハンドルなので、違和感が少ない。ラウンドアバウト交差点などがあるが、郊外は空いており快適である。高速道路には、ETCに似たE-Tagというシステムがあり、レンタカーの窓に車載器が張り付いていた。これで、後からレンタカー会社からクレジットカード引き落としになるようである。

早朝にも関わず、朝日のまぶしさにオーストラリアに来たことを実感する。透明度が高いので、太陽が低くても、とてもまぶしい。見える空は、日本で高い山に登ったときの突き抜けるような青空である。
ブリスベーンからBallandeanまでは、高速道路経由で行くことになる。同行者が、スマホのGoogleナビを利用して間違えずに行けた。モバイルWifiがあれば、案内も日本語であり、大変役にたった。そうでないと、時々ある分岐にとまどうことになったことと思う。途中のIpswichの標識を目安に進行する。その後Warwickで、大きなショッピングモールがあるので、そこで少し買い出しをして、昼食をとる。その後、Twinstar Guesthouseをめざし行く。途中は点々と大きな牧場がある。田舎度は、前回のチラゴーのほうがはるかに田舎であった。
午後1時過ぎに、到着する。予定時刻よりも早かったが、チェックインする。ここは日本人夫妻が経営されているロッジであり、部屋数3人で6人までの滞在となる。今回は5名で貸し切りとなった(かなり前に予約しておいたが、新月期は日本からの予約が多いとのこと)。今回、私は部屋は一人部屋にしてもらい、広々と使うことができた。このロッジには、滞在者が使うことのできる専用の観測・撮影スペースがあり、電気も240Vのコンセントと延長コードを利用できるので、電源対策は最小でOKであった。

とりあえず部屋に行き、荷物を確認する。機材の無事を確認する。
その後、観測スペースに案内され、電源や利用できる40㎝ドブソニアンの使用方法の説明を受ける。

とりあえず、撮影用の2台のシステムをセットアップする。足りないものは、なさそうであった。ここで、少し緩んだねじを発見。細いヘクスキーの芋ねじであった。焦るが、同行者が細いヘクスキーをもって来てくれ事なきを得た。必要な工具も持って行かないとトラブルの元になる。
こちらは季節が逆で、秋で18時前には☆が見えてくる。極軸を合わせるが、昨年合わせた経験が生きる。少し雲がわいて、しばらくは待ちとなる。1時間ほどの間で、夕食をとる。各部屋に日本でも見かけることの少なくなった岡持ちで届けられる。初日は和食であった。ありがたい。

ここの良い点は、①観測スペースがあり、240V電源が利用できる。②フェンスで囲われており、撤収の必要がない。悪い点は、道路が近いため、時々近くを車が通るので、木にライトが当たるので、魚眼での撮影がむつかしい。
近くに、サッカーかラグビーのコートがあり21時くらいまでついていることがある。低空に街灯があるなど、郊外の街中という環境であること。それをもってしても、圧倒的に抜けの良い南天の☆は魅力的です。

自動導入も、同期の際の鏡筒の西東を反対にするだけでOK(昨年の経験いきる)。M-GENは安定している。
そうこうしているうちに雲も晴れてきたので撮影を開始する。モニターから出てくる画像ににんまりしてしまう。初日は、上手くいくと信じていたが、雲が東からわいてきて、流れていく。雲の流れのパターンがよくわからない。ガスや雲が多くて、夜半前にはべた曇り。夜中にも2,3度チェックするも、ダメ。疲れもあって、寝ることにした。


飛行機の窓側の席が好き2018年04月16日 17:57

先週末は、横浜出張でした。
昨日朝は春の嵐で、風雨が強くて、傘も役立たないくらいでした。
昼過ぎまで、真面目に会に出席して、その後帰途につきました。

国内線の飛行機は、たいてい窓側を取ります。飛行機の窓から見える地上風景が好きです。残念ながら、今回は富士山を見ることができなかったのですが、雪をかぶった南アルプスが見えました。

帰ってから、Google Mapで照合


綺麗な山は南アルプスの聖岳(3013m)と判明しました。遠くには北アルプスの山も見えました。

昨日は、強風のせいで、遠くまで見通すことができました。何か得した気分です。

4月に入り、仕事内容は大きく変わることはないのですが、役職がとれて気分も軽くなりました。
もう少し忙しいのですが、5月にはオーストラリア遠征です。準備をしないといけない時期となりました。