四国星空研究会ミーティング2017年10月23日 20:38

台風21号が接近しているさ中の先週土/日に、香川のまんのう天文台にて、四国星空研究会のミーティングがありました。悪天候の中、四国内外から10名の参加者があり、オーストラリア遠征や北米日食の報告、RC鏡であるGS-200RCの光軸調整などの発表がありました。皆さんの発表は大変興味深くて面白く、刺激となりました。
悪天候であり、カメラも持って行かなかったので、今回の会の写真は撮影していなかったので、文章だけで申しわけありません。

姫路のTさんが、持って来られたGSO(GSと同じ)200RC鏡の光軸調整は、特に興味ある話でした。光軸のあったRC鏡の星像にびっくりでした。ただ、光軸調整のためには、Howie Glatterのレーザーコリメータと高橋のセンタリングしコープを使うとの事。その他、あれこれと工夫をされて、5年で完璧なものにしていったとの事でした。RC鏡自体の潜在能力は高いようですが、調整ができずに宝の持ち腐れ状態が多いとのご指摘で、私の胸にぐさりと刺さりました(汗)。分解するのも、少しコツがいるようです。また、パーツの中で劣化する部分があり、Oリングも5年でダメになるので、モノタロウで同じものを買い付け替えたとか、イモネジもボールスクリューを使うとか、色々とノウハウを紹介していただきました。我が身を振り返ると、退職して時間ができてからでないと、GS-200RCに向き合うことはできそうもありません。

また、APS-サイズのASIの冷却カメラとSS-oneのCMOS Captureを持って来られており、拝見いたしましたが、大変良さげで物欲をそそられました。ASIやZWOのカメラは価格的にも、びっくりするほどの値段ではないので、少しグラグラきました。

夜は、雨音のふりしきるキャビンでの二次会となりました。少し台風の事は心配でしたが、アメダスの方でも時間雨量が大したことなかったので、まず大丈夫ということで、深夜まで話は尽きませんでした。
夜が明けて、解散となるころには風雨ともきつくなってきました。山道を下っていきましたが、落ち葉が多くて、路面が落ち葉で覆われたような状態でした。

お世話になった、Yさん、天文台のY山さん、ありがとうございました。また、機会があれば情報交換の場を持ちたいです。

日曜のお昼には家に帰り着いたのですが、それから風雨がきつくなり、どこへもいけません。少し機材を調整しました。カメラレンズのツイン撮影用のシステムを自由度の高いものにするため、レボルビング装置をもう一つ導入しました。大きな眼鏡の様になりました。LBプレートの在庫が無い様で、とりあえずZプレートを買いましたが、スライドプレートにはうまくつなげませんでした。

これで、APO SonnarとSamyangのツインを撮る予定です。NIKON用のレンズをもう一本買いたいところですが、来年の遠征費用を工面するため、少し考え中です。

スパム対策2017年04月16日 22:08

簡単な設問をしています。


来年の事2016年09月22日 17:20

なかなか来年の日食ツアーの料金の発表がなかったのですが、どうも高騰しているようです。
星ナビ協賛は、748,000円~928,000円とか、天文ガイド協賛のほうは未だ不明。

安いので、1960ドルなんてのがあったのですが、現在キャンセル待ちとか?
3分の皆既日食に対して、少し高すぎじゃないでしょうか?個人で、米国往復の飛行機とレンタカー、モーテルを押さえて行くほうが良いかもしれません。皆既 食は、米国の広い範囲であり、特に空の暗さとは関係なく、晴天率が重要になります。米国の西部の砂漠地帯なら、晴天率も治安も問題ないでしょう。皆既帯近 くのメジャーな空港までの飛行機を早めにキープすると良いと思います。FBでも、その方法を取られている方がおられました。

私ですが、当初日食に行くつもりでしたが、3分に対しての代価が少し高いなと感じています。また、今年のNZ遠征の写真を見て、南半球への思いが強くなってしまいました。
今月号の最優秀作品は、大学時代の天文学研究会の後輩の作品になります。この作品はチラゴーで撮影されたものですが、昨年この天文研のメーリングリストか ら、オーストラリア(チラゴー)遠征ツアーの案内があったのですが、その時期はたぶん忙しくて無理と判断し、泣く泣くあきらめました。しかし、ここまで日 本の天気が悪いと、仕事を少しセーブしてでも、出かける気になりました。うれしいことに、来年も行くとの案内をもらいました。ということで、来年はアメリ カではなく、オーストラリアのチラゴーに行くことにしました。

今月の天文ガイドの記事にもありましたが、大変良い空が待っているようです。
南緯17度ということで、さっそく一つ目の機材を調達しました。もっていく赤道儀は一つはK-ASTECのGF-50にしています。これに組み合わせるXY50のオプションに15度プレートがあり、これを調達いたしました。ポタ赤の精密な極軸合わせには大変便利なものです。

もう一つは、小さめの赤道儀にしようと思っています。不慣れな空なので、自動導入ができるものが良いと考えています。晴れないのと、忙しいのとで、実戦投 入できていませんが、SS-One改造したV-1赤道儀を考えています。三脚については、重さを計算して、できるだけ軽いものでいくつもりです。
天気の悪い秋分の日の、来年の事を考えてあれこれと妄想しています。


12月になって2015年12月06日 17:31

あっという間に、師走となってしまいました。
先月末には、シカゴのほうへ出張があり、長いフライトと時差に負けそうな気分を、なんとか乗り切ることができました。
例年この時期の北米は寒いのですが、例年より暖かくて、その点はほっとしました。

シカゴへ行く度に、多くのビルの高さや数に、田舎者の私は圧倒されてしまいます。
ホテル近くにあるTRUMPタワーです。その背後には、とうもろこしの形で有名なビルも見えています。

今回は、あまりお天気の良い日はありませんでした。ある学会に参加することが目的でしたが、その会場から見えたミシガン湖です。この時だけ、青空が顔を見せてくれました。
戻ってきたら12月で、今月もいろいろな行事があり、多忙な日々です。
新月期になってきましたが、お天気は寒気のせいか、今のところ良くありません。なんとか、カタリナ彗星をとらえたいものです。




肩の荷がおりて・・・2015年09月07日 18:59

昨日は、次男の結婚式でした。
次男の企画、主導での結婚式でしたので、それに載っかるだけでしたが、無事終えてほっとしました。子供のほうから、最後に「子育て終了書」なるものをいただきました(笑)。
心配したお天気も、土砂降りにはならずに良かったです。地元の役所に朝イチで、代理で託された婚姻届を提出しました。これで、半分、肩の荷が下りたというかほっとしました。

ようやく、色々な意味で、解放された気持ちになりました。
これからは、思い切り撮影したいと思っているのですが、先月から秋雨前線がかかり、晴れた夜が来てくれません。下弦をすぎて、撮影好機になってきました。夏物最終と言うことで、とりたい対象が残っているのが、お天気がどうなるかです。台風が週末にかけて、来るそうですが、進路次第ですね。

撮影できないときの物欲ですが、M-GENを導入することにしました。デイザーガイドができるというのに、大変惹かれています。スタンドアローンでの運用も、遠征時は電源の節約になります。
色々としたいことはあるのですが、これからの時期、仕事も忙しくなります。
体調を整えて、撮影にあたりたいです。