4月遠征まで2週間2019年03月22日 19:47

昨日は当地でも25度を超えて夏日となりました。暖かいのはありがたいのですが、少し汗ばむほどでした。休みということで、遠征準備をしておりました。今回はシンガポール航空のエコノミーで機内持ち込み7kg、預け入れ30kgの制約で遠征となります。

いつもの様にPCとレンズはバックパックとなります。持っていくのは、EF8-15mm/F4L, EF35mm/F1.4 L-II, Voiglander 90mm/f3.5、APO Sonnar 135mm/F2, BORG 77ED-II+F4DGとなります。こんな感じで詰め込みました。とりあえず覚えで、アップしています。

先日、持っていくAPO Sonnarに、ZXフィルターを付けてテストしました。違いは感じませんでしたが、APO Sonnarらしい良い星像でした。解放だと周辺減光が大きく、画面左右での色収差に少しだけ差があるように思います。F2.8まで絞ると周辺減光は改善し、左右での色収差の差もなくなりました。ベガに星周囲に光条がでますが、これで使ってみる予定です。

撮影データ:Canon EOS6D (HKIR改造) ISO1600 Auto WB
APO Sonnar135mm/F2 絞りF2.8 ZXフィルター使用 2min
EM200赤道儀(AGS-1X改) BORG50+QHY5L-II PHD Guiding
バックグラウンドの色調のみ補正

BOrg 77EDII+F4Dだと、迷光による光条が一本でました。出るときと出ないときがあります。補正レンズやフォーカサーには触毛紙をはっているのだけど、どこから入るのかな?夜間15度程度で、Duo-Narrowbandで撮影し、8分から10分程度の露光をするので、Cooled 6Dで行く予定です。少し重いけれど、スケアリングは大丈夫そうです。
撮影データ:Canon EOS6D (SEO-SP4 Cooled 6D) ISO1600 Auto WB
BORG 77EDII+F4DG  フィルターなし 5min
EM200赤道儀(AGS-1X改) BORG50+QHY5L-II PHD Guiding
バックグラウンドの色調のみ補正

後は、お天気だけです。

Yahoo!ブログ終了のお知らせをみて2019年03月01日 18:21

かれこれ13年間、記事として1490件を続けてきたのですが、今年度末で終わりになるとの事。

Yahooブログは、いつも唐突にお知らせが来て、困ることが多かったです。そのため、もう一つのブログであるアサブロを平行して行ってきました。そちらの記事は5年分です。それ以前の古い記事を見る事は、めったにないのですが、自分の日記のような部分もあるので、一切なくなるのは寂しいです。

移行先の案内もあるので、古い記事は4つある移行先のうちどれかに移行したいと思います。天文学カテゴリーのブログで、移行する方の多いところ、できれば無料のブログに移行したいと思います。

さて、来月の遠征に向けて撮影計画を立てているところです。もちろん、人気の領域も撮影してみるのですが、遠征も3度目ということで、自称変態マニアとして、南天の暗黒星雲やモクモク系の分子雲も撮影したいと思っています。
昨年撮影した35mmで撮影した広い写真です。

やはり、イータカリーナから南十字にかけてのこの領域は華やかです。しかし、はえ座のDark Doodadから南にかけてのカメレオン座には分子雲は広がっています。変態マニアとしては、ここも撮影してみる予定です。目印となる明るい星が少ない領域なので、自動導入をしないと効率が悪いです。昨年は構図を失敗してしまいました。今年はしっかりと撮影してみたいと思っています。


部分日食2019年01月06日 17:11

今日は部分日食がありました。日曜午前で、まったりしていたので、撮影してみました。

寒いと嫌だったので、庭に面した窓から撮影です。
私が初めて買った望遠鏡であるTAKAHASHIのV-1赤道儀です。65㎜で焦点距離700mmの無理のないスペックのレンズです。手持ちパーツで直焦点撮影してみました。
最初は比較的晴れていたのですが、後半は雲が多くて撮影できませんでした。




12月に2度も風邪をひき2018年12月25日 12:34

今月初めと、先週末の連休の2度風邪をひいてしまいました。どちらも鼻水をたらした孫と遊んで数日後に発症しました。孫からもらったものであれば、仕方ないと思いつつ、今月は何もできないまま過ぎてしましました。

天文のほうは、FBやブログの写真を拝見するばかりでした。

オーディオのマニアではないのですが、家にあるアンプを15年ぶりにオーバーホールに出しました。1987年製のサンスイのアンプで、重さは20kg以上あります。一度目のオーバーホールのときは、メーカ―がありましたが、2度目はメーカー自体がなくなり、ネットで調べて、一番良さそうなところにお願いしました。とりあえず直り、ガリもなくなり、バランスも良くなりいい音を出すようになりました。

次にネットワークワークオーデイオを価格COMで人気ナンバーワンであったものをポチしました。
こちらも、パイオニアとオンキョーが合併して、ブランドは残っているものの会社構成が昔とは違っていました。価格COMの口コミやネットでの評価を見ながら決めたのですが、レンズに比べるとずいぶん安いと思う値段でした。
今は病気で寝ていても、スマホやiPadでポチすれば、翌日にはものが届く良い時代です。ハイレゾ音源やFLACがどうのこうのということですが、とりあえずハードディスクにあるiTuneのMP3データを移動して、スマホでコントロールというスタイルで、良い音が鳴りました。もう少し元気があれば、CDデータを高音質でリッピングしたほうが、さらに良い音がなるのでしょうけれど、既に高音の聞こえない耳鳴りのするわが耳では、違いもわかりそうもないので、今の音源をもう少し検索しやすくして使う予定。ちまたでは、クイーンのボヘミアンラプソディーが話題となっていますが、その時代のクイーンには、それほど共感はしませんでした。今聞くと、懐かしいと感じてしまいます。音楽とはよくいったもので、音を楽しむことで、気分が軽くなります。今月のフラストレーションは、この2つで少し解消できたようです。



今回の南天遠征ドタバタ2018年09月07日 11:08

南天遠征も3回目で、いつもの様に松山から伊丹経由で、リムジンバスで関空まで行く予定でした。国内線は20kgを越える受託荷物の料金が高いのと、重い荷物を持ち移動するのがいやで、空港宅急便で台風接近中の4日(火)午前に赤道儀の入ったスーツケースを一つ発送したのです。
それからあとの状況は皆さんご存知の様に、関西空港の第一ターミナルは高潮で冠水するわ、連絡橋にタンカーが衝突するわで、孤島状態となりました。今回の台風21号の風は半端じゃなかったようです。進路の西にある当地では、台風接近の感じもしないくらいでした。

その後、関空の状況が酷いとの事で、閉鎖状態が続いています。9月7日(金)に関空からケアンズに行く予定でしたが、雲行きが怪しい状況となりました。空港再開の見通しはしばらくは難しいとの報道がなされ、今回はダメかなと思っていました。それでも、ジェットスターからは、昨日までは定時出発の案内しかありませんでした。今日の午後7時にメールで、ようやく7日の便は関空からは飛ばず、成田から飛ぶよとのメールが来ました。問題は、宅急便で送付した赤道儀の入ったスーツケースです。追跡すると調査中で、どこにあるか不明でした。そこで、サービスセンターに電話してみたところ、関空への送付は未だの様で、転送もしくは返送をお願いしました。月曜以降の到着になりそうで、残念ながら、今回は無理と判断して、全てキャンセルとなりました。残念な事です。

今年の夏は、当地でも大雨の被害が出て、その後何度も台風が来て、21号台風では京阪神を直撃して、高潮や強風被害をもたらしました。今朝は、北海道の地震報道で大きな山崩れで死者も出ているようです。この夏は、災害列島とも言える状況です。被害に遭われた方や犠牲となった方に、心よりお見舞い申し上げます。