久しぶりです。2019年11月04日 21:44

9月、10月と残暑や天候不良、お天気と仕事の折り合いの悪さから、天文活動はお休み状態でした。ようやく、安定した晴れの夜が増えてきました。当地では10月下旬から冬までのこの時期が最も安定した空になります。今週末は連休でしたが、土日は、仕事になってしまいました。ようやく今日、お休みとなりました。
仕事のペースを落としてはいるのですが、なかなか思いようにはいきません。

オーストラリア遠征以後、夏場の天候不良の時期には、やはり物欲に負けてしまい、小物中心にいくつか導入したものがあります。

本日は、Starry Skyフィルターです。先週の晴れの夜、少しだけ撮影できたのでアップします。干渉系のフィルターでは、広角レンズでは、入射角が大きいと色ずれを起こすので使えないのですが、このフィルターは、干渉系ではないそうで、レンズの焦点距離の制限がありません。水銀灯などの光害を抑えてくれるフィルターになります。

とりあえず、改造カメラでの撮影ではどうなるか試してみました。改造カメラなので、ノーフィルターでは赤が強くなります。画面の下方には光害によるかぶりが認められます。
6D(Starshop新改造) ISO1600 35㎜ F2.8 150secで撮影したものを、DPPでRAW現像しただけの画像です。ヒストグラムは真ん中を超えてしまっています。


Starry Nightをつけるとこう変わります。撮影条件は同一です。
赤と緑のピークが下がっており、かぶりが目立たなくなっています。フィルターによる星像の劣化はなさそうです。H-alphaの低下はないので、相対的に赤い星雲もコントラスアップするようです。
暇なときに処理画像をアップしていきます。




Kenko ZXフィルター2019年03月07日 18:58

表題のフィルターを買ってしまいました。


フィルターの平面性を保持させるため、フローティングフレームを採用して、フィルターガラスへの負荷を少なくして、平面性を高めるとのうたい文句。メーカーHPでのニュートンリングや実写した比較の記事を見てむしょうに欲しくなってしまいました。

望遠鏡はフィルターは入れないのですが、カメラレンズの場合、高価なレンズの前玉を夜露にさらしたくないので、フィルターを入れて撮影してきました。たいていは、Pro1DのプロテクターとかL41なんかを入れているのですが、そこまで画質劣化を意識した事はありませんでした。しかし、最近の4Kや8Kの高画素のカメラだと差がでるかもしれません。

もしかしたら、安心感のためだけかもしれませんが、これを使い撮影してみます。
差があるようであれば、実写結果を報告します。


短尺 AL702019年02月26日 12:58

この4月は持っていかないのですが、6月にはGP2とその三脚(AL70)を持って行きます。

AL70は、ビクセンの軽量の三脚で、ときどきヤフオクにも出てきます。これをスーツケースに入るように少し短くしています。国内ではHAL130を使っていますが、海外遠征には軽量が必須です。カーボン三脚なんかも売られていますが、けっこうなお値段ですので、それに費用をかけるよりは、遠征回数を増やすほうに回しています。

こんな感じの三脚です。
違いが判らないですね。

内側の脚を短くしています。

下のほうのストッパー部分は触っていませんが、止めネジをより軽量な6角棒のネジに変更しました。
これで突起する部分が少なくて、スーツケース内での収まりが良いです。もう少し短くすることもできそうですが、あまりに短い三脚は使い勝手がわるくなりそうなのと、工作の簡単さから、この程度にしました。
GP台座部を入れて重量2.4kgでした。

もう一本買ったAPO LANTHAR 90mm/F3.52019年02月25日 12:43

冬季は、体調やら、お天気やら、仕事や雑事のからみでほとんど撮影できないまま終わりそうです。4月初めと6月初めにオーストラリア遠征が待ち遠しく感じます。4月は西オーストラリアのWaddi Bush Resortヘ6泊の予定、6月はいつものChillagoeで4泊の予定です。これまでの感じからは晴天率は8割程度で、よほどの事がない限りは素晴らしい星空と出会うことができます。

色々な制約の中で、模索しながら機材を考えていくのも楽しい作業です。このところ毎週末はそれに時間を費やしています。
さて、表題のレンズですが、今から10年前に初代のSLレンズが製造中止になった際、中野の〇〇〇カメラから投げ売りされたときに、90mmと180mmを買いました。そのときは、2本で5万足らずの価格でした。Voigtlanderブランドは、コシナがレンジファインダーカメラを製造したときに使ったもので、レンジファインダーカメラ用に作成したレンズに加えて、一眼用にもSLレンズとして同じ構成で作ったものです。LDレンズを使ったりして、良いレンズの評価でしたが、当時はあまり人気が無かったようです。125mmは、特に高性能で人気が高いようで、何度かオークションで参戦したのですが、高値の華となってしまい、入手できません。その後コシナは、Zeissのアポゾナーを製造したりして、高級レンズ路線で頑張っています。

さて、南天遠征で使うレンズは重量制限のため、大きな重いレンズは厳しくなります。その点、90mmのレンズは、きわめてコンパクトです。総金属製で、ずっしりしていますが重量は390gです。その性能は、少し青ハロが出る傾向があるのですが、フルサイズ周辺まで綺麗な点像を呈してくれるレンズです。

そのうちに、もう一本と思っていたのですが、この冬の時期に、ついついポチしてしまいました。元箱付で、新品同様という事でしたが、大変綺麗なレンズを入手できました。さすがに元箱は色褪せしていましたが、中身は未使用かと思うような状態でした。その後、入手が難しい専用フードもついポチしてしまいました。これで、48mmフィルターも付ける事ができます。4月の遠征に2本持っていけるかどうか微妙ですが、できれば持って行き、ツインで南天分子雲を撮影できればと妄想しております。



南天遠征用PC更新2019年02月24日 16:33

今年1回目の南天遠征まで、あと1月と少々になってしまいました。遠征の準備をしています。

南天遠征には、できるだけ軽いPCで行くことが必要。今回利用するシンガポール航空のエコノミーでは、機内持ち込み荷物の制限が7kgなので、重いPCでは、持っていくレンズが減ってしまう。PCを預け入れの受託手荷物に入れることは、必ずしもNGではないが、多くの航空会社では、壊れやすいので受託にしないよう警告している。

今回、以前の超非力なVaio(2009年モデル)から、中古の第4世代(Haswell) Core i5(4200U 1.60GHz)のVaio Pro 11を買った。超軽量PCということで、Vaio S11か Pro 11を考えていたが、S11は製品が新しいためか安いのがなかったので、2013年夏モデルのVaio Pro 11で、Memory 8G, SSD256GBのものを買った。タッチパネルでないほうが770gと軽い。中古5年落ちということで、MemoryやSSDの容量から相場的には4万円台となってしまった。Memory4Gだと、もう少し安いがあったが、メモリー不足が嫌で8Gのものを選択した。届いたPCは、さすがに5年落ちで、ロゴのVaioが剥げかけてはいるが、開いた感じは液晶の発色も明るさも十分で、キーボードのてかりや文字消えなどもなく、印象は良かった。メモリー8Gに加えて、SSDに少し余裕のあることも良い点。気になる動作も、SSDなので、起動は十分早い。画像処理以外の、オートガイドや自動導入などに使う分には十分な印象であった。今日は、撮影の際に用いるソフトやドライバーをインストールしたりで、半日を費やした。

夜間の撮影に使うのみなので、見た目はあまり気にしなかったが、まあまあの状態で良かった。
軽量で安いということで、LENOVO Yoga Bookも検討したが、色々な点でやめた。