暗黒星雲萌え2017年08月06日 09:44

九州南部に台風が接近しています。進路にあたる地域の方は、十分な備えをしてください。当地もしっかりと予報円の中に入っています。

台風の影響もあると思うのですが、当地での昨日の最高気温は体温よりも高い37.2度だったそうです。昨日は、大学の天文研の現役の学生とOBの交流会がありました。OBの方は、近隣の50歳前後の方が多かったです。趣味の時間をとれるのは、30~40歳台の方には難しいのかなと思いました。若い学生の活動を拝聴していると、はるか昔を思い出します。また、天体写真以外にもいろいろと天文関係の活動はあるものと、改めて感じました。とは言え、自分は天体写真(撮影、機材、画像処理など)に回帰して10年というところで、この領域の中ではマニアックな領域にのめり込んでいるのだと自覚した次第です。

天体写真の中でも、さらにマニアックな領域は、暗黒星雲になるかと思います。暗黒星雲に萌えていると書いて、FB上で変態マニアと自覚した次第です。一般受けは悪く、綺麗とは言い難いのですが、うねうねと複雑な構造や反射星雲や散光星雲が絡む領域は、自分にとっては萌え萌えの領域となります。しかし、これをしっかりと描写するのは至難の事で、撮影技術の拙さや画像処理の引き出しの少なさのため、以前から計画しては実現しないままです。
これらの領域は、国内の写真検索ではヒット数が大変少ないのですが、国外になるとLDNXXXで検索するとわんさかとヒットしてきます。日本国内は健全な天体写真ファンが多いようです。

この夏に撮影を計画している領域は、白鳥座尾部とケフェウスの間にある領域です。Key Wordとしては、LDN988、LDN1003、Le Gentil 3なんかになります。普通に写しても暗黒帯が伸びているのがわかります。LDN988は2015.9.24のAPOD2014.11.20のAPODにも取り上げられているので、国外では人気領域なのかもしれません。

Mapとして、2年前に撮影したものを張っておきます。難易度はかなり高い領域だと思います。とりあえず330mmのツイン撮影で、6分x20x2を予定しています。なんとか、今年撮影してみたいと思っています。



空の力2017年08月05日 10:08

天文ガイド9月号に、オーストラリアで撮影した銀河の写真を採用してもらいました。

南半球でないと撮影できない銀河中心が天頂にきたところを円周魚眼で撮影したものです。今回絶対撮影してみたい対象の第一でした。良い空、良い撮影地、加えてそこへ連れて行ってくれた方のおかげです。改めてお礼を申し上げます。
この撮影や処理は極めてシンプルなもので、空の力のおかげと感じました。

南天では、限られた機材、不慣れな環境で撮影をすることになりますが、今回の経験は大変貴重でした。自分の年齢から、今後何回遠征できるかはわかりませんが、機会があれば、リピーターとして撮影に是非行きたいと強く思っています。


今号には、一緒に遠征したYさん、N本さん、N村さんの作品も掲載されています。大変うれしく思いました。
また、GENTAさんが愛媛まで遠征して撮影された「おおかみ座の暗黒星雲」の作品も掲載されており、この号はうれしさ3倍です。

梅雨明け新月期なのに2017年07月30日 09:38

猛暑が続いています。少し暑さに慣れてきたのか、体調は先週に比べると良いです。

やる気満々で迎えた新月期ですが、どうにもこうにも空の状態が悪すぎです。昨夜は晴れてはいたのですが、赤い月がその透明度の悪さを表していました。PM2.5の値をチェックすると30μg/m3以上となっています。実測値と目視で撮影するかどうか決めるのですが、昨夜はいずれもダメでした。徐々に月が大きくなってきて、夏の対象を撮ることができなくなってきました。

気分もモヤモヤと晴れず、過去画像を再処理してみました。梅雨入り前の6月3日に撮影したものになります。
たて座からへび座尾部の暗黒星雲と淡いガスを出すようにしてみました。短時間撮影と多数枚画像で撮影したので、SN比を稼ぐことができたので、少し無理目の強調をしています。

撮影データ:Canon EOS6D (SEO-Cooled 6D) ISO1600 
APO Sonnar 135mm/F2 絞りF2解放  
北側 1min 40sec x39 (total 65min)
ATLUX赤道儀(AGS-1S改) M-GEM + Kowa 75mm でガイド
RAP2でフラット&ダーク処理→CS6でRAW現像TIFF化→CCD Stackでコンポジット&SI7でカブリ補正→CS6で強調と補正処理

暗黒星雲と淡いガスに萌えてしまいます。ここを撮影する時期は、例年夏場で苦労する領域です。満足な露出をかけて撮影できたことがありません。解放F2で100秒で、39枚撮影していますが、もう少しあっても良かったと思います。暗黒帯と言われる部分にも淡いガスがあり、その中にさらに暗く沈んだ暗黒部が複雑に入り組んでいます。青い反射星雲もあって、炙り出してみたいと考えている領域です。
今回の写真には、わかる範囲でマークを入れました。LDNの表示できる星図とも対比してみたのですが、LDNについては、もう一つしっくりと一致しませんでした。

この新月期もダメな天気のようで、いて座からたて座にかけての撮影は、来年以降の課題となります。最近の傾向から、夏場の西日本では、条件の良い夜は望めそうもありません。来年は、ここも南半球で撮影することになるかもしれません。


梅雨明け間近2017年07月14日 19:36

梅雨明け間近ですが、各地で局所的な豪雨を降らせています。近年の温暖化のせいか、雨の降り方が半端でなくなっているようです。被害に遭われた地域の方々に、お見舞いを申し上げます。

幸いにして、当地ではそれほどの雨は降らず、例年の雨量と比較すると、少ないくらいです。水がめとなる石手川ダムの貯水率も85.9%で、例年比-8.5%です。

さて、月も徐々に細くなり、夏の対象をなんとか撮影できればと思うところです。大変暑くて、熱帯夜となり、観測小屋でも20度オーバーの夜となります。冷却しないと大変ノイジーな撮影になりそうです。今年は、冷却6D、D810Aのツイン撮影を暑いときの撮影に使おうと予定しています。
SS-one Autoguiderには、シャッターコントロール端子が2本あるので、EOS用とD810A用を刺して使うことを考えています。また、HEUIB IIの玄天QRO(フィルター厚1.1mm)を入手しました。これで、冷却6Dと組み合わせでカメラレンズで使えるか否か確かめようと思っています。
暑くなると、蚊や何かわからない毒虫がでてくるのが夏場のいやなところですが、対策をしつつ頑張りたいと思います。

撮影できないときの慰めと撮影計画のために、過去画像を処理しました。彩度を高めて、暗黒部も強調した処理としました。ナチュラルさからは、少しはずれてしまいました。
M8、M20、猫の手付近の画像になります。暗黒帯のへりに多いH-alphaですが、これにまとわりつく暗黒星雲に萌え萌えです。はっきりと名称のわからないものも多いです。Barnardは数が少ないので、まだ同定できますが、LDNは多いので、良く分かりません。



イータカリーナ東領域2017年07月05日 21:19

南天撮影で、自動導入失敗した領域の写真があったので処理してみました。

イータカリーナとIC2948の間で、あまり撮影されていないようですが、なかなか魅力的な領域でした。
調べてみると、NGC3576は自由の女神(The Statue of Liberty Nebula)として、APODにもなっていました。その他にもRCWやGumの番号のある淡い領域があるようです。

たった4枚からの画像なので、強調はあまりできませんでしたが、来年の課題としたい領域です。天の川に沿って、じっくりと色々と撮影してみたい欲求にかられます。

BORG77EDII+F4DG (330mm/F4.3)
Canon EOS6D(SEO Cooled 6D; USB 5Vで弱冷却)+Filterなし ISO1600 6min x4(Total 24min)
GP2赤道儀(AGS-1S改) M-GEN Kowa 75mmでガイド
RAP2でFLAT&DARK→CS6でRAW現像後TIFF変換→SI7でコンポジット&カブリ補正→CS6で強調処理

星雲名をいれておきます。