EF35mm/F1.4L IIでの夏の銀河2017年04月05日 21:22

yottyanさんから、表題のレンズについて、You Tubeで紹介しても良いでしょうかというご依頼がありました。全然かまいませんよということで、昨年撮影した、このレンズのFist LightとSecond LightのRAWデータを送りました。

You Tubeのほうを既にご覧になられた方もおられるかと思いますがyottyanさんが、スゴイを連発されています。レンズと四国カルストの空の良さを誉めておられるのですが、何か気恥ずかしい気分になりました。

ということで、来月にはこのレンズを南天に持っていくつもりで、カメラとの相性やスケアリングのチェックのため、StarShop新改造の6Dで夏の銀河を撮影しました。

現在6Dを三台持っているのですが、1台の6Dは不幸な落下事故で、スケアリングが狂いました。スケアリング調整ができるように対策をしたBORG鏡筒との組み合わせでのみ使えるカメラとして使っています。この6Dはツイン撮影の主力ですが、カメラレンズの使用にはNGです。また、Cooled 6Dは、絞りを変更するためには、一々別の6Dに付けかえて、絞り込んでから外して付ける面倒さがあります。ということで、つい3台目をヤフオクでポチしました。普通に使う分にはなんら問題ないのですが、超シャープなアポゾナーやこのレンズでは、微妙なフォーカスやスケアリングチェックが必要です。
ということで、StarShops新改造の6Dとこのレンズの組み合わせで撮影してみました。
結果は、スケアリングの大きな問題は無いようです。
今回絞りはF2.5ですが、F2.0やF2.2との優位性は周辺減光以外では無いように感じました。
F2.0もしくはF2.2くらいで、短時間露光で撮像枚数を稼ぐのが良い様に思います。
撮影データ:Canon EOS6D (Starshop新改造) ISO1600 
EF 35mm/F1.4LII 絞りF2.5 2min x10 (total 20min)
GF-50 ノータッチガイド
RAP2でDARK補正 → CS6でTIFF化→SI7とCS6でコンポジット→CS6で仕上げ


薄明直前の夏の銀河2017年04月04日 12:27

ここ2日ばかり、好天となりました。月没が夜半過ぎてからとなり、早朝撮影をしました。近場なので、視界は少し限られてしまいますが、暗い四国山地のおかげで、夏の銀河が大変濃く見えました。4月~5月末までの条件の良い夜が、さそりの好機となります。今年は、これまでお天気が悪くて、撮影できませんでした。

今度は連休が好機となります

撮影データ:Canon EOS6D (Starshop新改造) ISO1600 
EF 8-15mm/F4L 絞りF4 4min x4 (total 16min)
GF-50 ノータッチガイド
RAP2でDARK補正 → CS6でTIFF化→SI7でコンポジット→CS6で仕上げ

南天遠征2ケ月前2017年03月25日 16:00

年度末の週末を迎えました。予定もなく、時間はあるのですが、お天気はイマイチです。というわけで、今週末は2ケ月後に控えた、南天遠征の準備中。

飛行機で運べるバッテリーは、リチウムイオンでは150Wh以内のもの2個までという制限があります。そのため、いくつかのモバイルバッテリーをテストしたのですが、電源対策がむつかしいと感じたD810Aは、今回は持っていかない事にして、6Dを2台使用することにしました。
以下の記事は、すべて自己責任で施行しております。決して、良い子は真似をしないでください。

6Dの電源は、モバイルバッテリーのUSB5V出力を少し高めの7.6Vに昇圧して使用します。何度もタイマーで繰り返し撮影して、エラーの出ないことを確認しました。とりあえず、電池でのバックアップもすることにしました。

さて、南緯17度の彼の地での5月末の夜間の温度は18度前後との事です。当初は冷却は考慮外としました。SEO COOLED 6Dは、本来は12V(2.5A)の使用で、30Whです。モバイルバッテリーでの使用は不可能と思っていました。しかし、電圧を下げても冷却されることは、確認していました。
室温16度で、乾電池5個(7.5V)の冷却でどうなるかです。単1の電池ボックスのうち2個を短絡して、1個をダミー電池をスペーサーに入れて7.5Vの電池ボックスを作成しました。これは、6Dのバックアップにもなります。D810Aでは、やはりダメでした。なぜなんだろうと思います。

これを冷却すると思いのほかよく冷えてくれます。冷却ファンは極めて静かに回っています。
最終的には、室温から17度くらい低い-1.6Vまで冷えました。
計算上ですが、単1の電池は1個で10-11W程度で、5個だと計算上は、5時間くらいは冷やせるかと思います。3夜をフルに冷やすとなると、30個くらい単1電池がいることになります。現地で調達できれば、使ってみようかと思っています。

2017.3.28追記
下のコメントのやりとりの様に、5VでもSEO Cooled 6Dは冷却可能との情報をいただきました。
ありがたいことにモバイルバッテリーからのUSBケーブルからの5Vの給電でも、冷却可能でした。計算通りの約1Aの電流で、当初の30Wから5W少々に消費電力を低減できます。また、冷却温度も室温より15度以上冷却できて、十分な温度となりました。
モバイルバッテリーで一晩は十分な冷却ができそうなので、これを持って南天に行くことにしました。

Gum星雲北部パノラマ2017年03月18日 14:21

2015年、2016年、そして今年の2月のデータでパノラマを作成しました。
計画的に撮影したものではないので、パノラマというには少し寂しいのですが、つなげるとわかることもあります。


ここの南中時の状況はこんなかんじです。
当地での南中時で高度は10度少々で、撮影条件は厳しいです。

今年5月末の新月期に、オーストラリア撮影計画を立てています。
どうなるかといえば、薄明終了時点でこんな感じです。
なんと高度40度以上あります。2時間は十分撮影できる高度です。

こんな事を考えて、花粉の舞う夜に、妄想を巡らせています。

Vela SNR 20172017年03月08日 20:43

ようやく先月末に撮影したほ座超新星残骸(Vela SNR)を画像処理しました。

デジカメ撮影なので、レムナント構造を描写するのは限界があります。南中の前後の2時間弱が撮影できる時間になります。今回はツイン撮影での画像を合成しました。低空の赤カブリの補正でHEUIB-II, LPS-D1を使っています。LPS-D1でも酸素輝線を透過させるので、レムナント構造の描写には、問題なかろうということで使っています。HEUIB-IIの玄天は、金欠で未だ入手できていません。O-IIIでの撮影は、前回Sh2-308の撮影で、2時間弱では難しいことが分かっていたので、トライしませんでした。

LPS-D1はH-alphaの強調には有利です。全体の色調は、HEUIB-IIが良くなります。今回は1:1のブレンドで合成しています。酸素輝線の強調には、青と緑の画像を利用してマスクを作成しました。この色調については、ナローバンドの様な色調になりませんでした。

撮影データ: 
BORG77EDII+F4DG Twin System (330mm/F4.3)
Canon EOS6D(SEO-SP4)+HEUIB-II ISO1600 6min x18
Canon EOS6D (Starshop新改造)+LPS-D1 ISO1600 6min x18 (total 216min)
GPD赤道儀(AGS-1S改) M-GEN Kowa 75mm Snake modeでディザーガイド
RAP2でFLAT&DARK→CS6でRAW現像後TIFF変換→SI7とCS6でコンポジット後TIFF化 → CS6で2つの画像をコンポジット→CS6で強調処理

低空対象のSNRの酸素輝線をデジカメでカラフルに出すのは、限界を感じました。今年オーストラリアでここをもう一度撮影できるチャンスがあるので、どうなるか試してみるつもりです。