おおいぬ座足下のSharplessナンバー2019年12月10日 20:04

おおいぬ座の背中から足下付近には、マイナーなSharpless numberのついた赤い散光星雲がいくつかあります。今回はLPS-V4で撮影したものを強調してみました。

Canon EOS6D (SEO Cooled 6D)ISO1600 ApoSonnar 135mm/F2 絞りF2.8 LPS-V4 filter 8min x10 (Total 80min)  ATLUX(AGS-1S改) M-GEN+Kowa75mmでsnake modeでのデイザーガイド

星雲に名前を入れてみました。

Sharplessナンバーも大変小さいものにまで名前をつけているのに、大きなSH2-310には一つしかナンバーが付いていません。南に延びる星雲にも番号がついていません。

オリオンベルト(三ツ星)2019年12月09日 12:56

メジャー領域も撮影してみました。馬頭星雲と三ツ星領域です。ここは、大変カラフルな領域です。
明るい三ツ星との対比が綺麗です。

撮影データ:ε130D 補正レンズ前にHEUIB-IIを入れる。
TAKAHASHI EM200(AGS1-X改) でM-GEN Kowa 75mmでガイド
Canon EOS6D(HKIR改造) ISO1600 5min x30 (Total 2h 30min)

たくさん作例のある領域で、なんとかそれらに近づける様にしてみましたが、難しいです。HEUIB-IIを入れると、燃える木も少し赤みが強くなる傾向にありました。



きりん座の暗黒星雲と散光星雲2019年12月04日 19:51

先日の晴れ間に、マイナー領域(変態領域とも言われている)を撮影しました。

きりん座は、ペルセウス座の北側にある目立たない星座ですが、天の川の縁にあって、多くのSharplessナンバーと暗黒星雲があります。じっくりと撮影しないと、なかなか出てきません。
今回はCooled 6DにSTC AstroDuoフィルターを装着してAPO Sonnar135mm/F2で撮影したものと、D810AにSamyang 135mm/F2にKenko LRP Type2を装着した画像データで処理しました。

撮影データ:
Canon EOS6D (SEO Cooled 6D)ISO2000 ApoSonnar 135mm/F2 絞りF2.8 STC Duo narrow band filter 5min x17 (Total 85min)
Nikon D810A ISO1600 Samyang 135mm/F2 絞り F2.8 Kenko LRP Type2 5minx17+Sarry Night 2.5min x16 (Total 125min)
EM200赤道儀(AGS-1X改) SS-one Autoguider, ASI120MM+Pencil BORG 175mmでガイド
RAP2 CS6でTIFF変換 SI-7でコンポジット&カブリ補正→ CS6で2つの画像をそれぞれ処理後合成(2つのカメラで画角ずれがあり、その部分はトリミング)

とりあえず、マイナーなSharplessナンバーまで同定しました。


STC AstroDuo narrowband filterでの撮影では、星はとりあえず、真っ赤にならないので、その後の合成でも比較的処理がしやすかったです。


勾玉星雲2019年11月25日 20:28

週末連休となり、23日の夜は当地でも良く晴れてくれました。月も細く、透明度も良い、撮影には持って来いの夜でした。
寒くはなかったのですが、石鎚も雪の薄化粧をしており、山遠征は控えて、いつものホームグラウンドでの撮影となりました。昼間からゆっくりと準備もできたので、久しぶりにイプシロンで撮影できました。130Dと160とどちらにしようかと考えましたが、小さい方での撮影としました。

εで撮影するのは、久しぶりだったので、慣れた対象を選んでみました。IC405とIC410.IC417などを入れての撮影でした。
撮影データ:ε130DI 補正レンズ前にHEUIB-IIを入れる。
TAKAHASHI EM200(AGS1-X改) でM-GEN Kowa 75mmでガイド
Canon EOS6D(HKIR改造) ISO1600  5min x17 (Total 85min)

久しぶりのεでしたが、色収差の無い星像と十字の光条で、反射らしいなと思いました。ε130Dでかなり小ぶりでしたが、屈折に比べるとやはり大きいです。
処理は、フラットもうまく行きましたが、凡庸な画像となりました。でも、85分のデジカメデータなので、私の代わり映えのしない処理なので、こんなものでしょう。

この夜は、けっこう明るい流星が流れていました。シリウスよりもずっと明るいのも流れて、綺麗でした。広角撮影もしておくのであったと後悔しました。
夜もふけて、はくちょう座が西の空で頭を下にして沈み、それからケフェウス、カシオペアと秋の銀河、それに連なるようにぎょしゃやふたごと冬の銀河につながる様子も良くわかりました。肉眼で、アンドロメダ、二重星団も良く見えました。肉眼で秋から冬への季節の変化を感じつつ過ごした一夜でした。




オリオン座2019年11月19日 18:15

秋も深まり、東の空からオリオン座が昇ってくるようになりました。
先日の快晴の時期に、オリオン座をSigma 50mm/F1.4 ArtにStarry Nightフィルターを装着して撮影してみました。カブリが少な目になるのはありがたいです。

撮影データ:Canon EOS6D(HKIR改造) ISO1600
SIGMA 50mm/F1.4LArt  絞りF2.8 Starry Night使用、4min x19 (total 76min)
TAKAHASHI EM200(AGS-1X改造) ノータッチガイド

処理は、昨今の派手目な処理の影響をうけていますが、ノイズとの兼ね合いでこの程度としました。