大気光と冬銀河2020年02月25日 18:42

23日の天皇誕生日に、冬の遠征地である、佐田岬半島に行ってきました。好天に恵まれましたが、成果の方はイマイチでした。
世間では、新型コロナウイルスの拡散で、大都市圏を中心に患者が急増しています。今後どうなるか、大変心配しております。2009年のH5N1の新型インフルエンザの時は、その年11月までに170万人の患者報告がありました。同じくらいの感染力があるとすれば、今後爆発的に患者が増えるかもしれません。肺炎リスクや死亡リスクは、それよりも大きいと考えられ、今後の感染予防には、十分な配慮が必要と思われる状況です。政府からの基本方針も策定されましたが、なかなか難しい問題を含んでいると思います。

そんな世間の不安とは別に、夜空の星は大変綺麗でした。
魚眼レンズで撮影すると、淡い冬の銀河が南のほうに伸びています。ガム星雲の部分は赤いのですが、それとは別の帯状のカブリが出ています。これは、大気光と思われます。この夜は、これがかなり目立ちました。

撮影データ:Canon EOS6D(HKIR改造) Auto WB, ISO1600
Canon EF 8-15mm/F4L, 14mm F4 5minx3
SWAT300 ノータッチガイド

大気光のGIFアニメです。


さて、今年も豪州遠征を予定しているのですが、どうなるか不安な状況です。せっかくオーストラリアまで行っても、日本人は入国拒否になる可能性もあるかもと心配しています。
また、飛行機という密閉空間での長時間のフライト自体も感染リスクがあるので、これも心配です。4月の遠征まで2ケ月となりましたが、今後の情勢を注視していきたいです。

BORG125SD+TAKAHASHI1.04xマルフラットナーでM452020年02月07日 19:16

BORG125SDに異種格闘技となるタカハシ1.04xマルチフラットナーを付けてM45スバルを撮影してみました。元々の焦点距離750mmに1.04xで780mmとなり、F6.24となります。タカハシのサイトでの星像の大きさは、FC50やFC60での補正は素晴らしいのですが、焦点距離がのびるに従い、少しずつ悪くなる傾向でした。

実写した感じでは、思ったよりは良好で、ε160にデジタル対応の補正レンズをいれたものと、星像の大きさは大きな差はなかったです。昔導入したBORGの1.08xのフラットナーよりは、はるかに良い感じでした。
780mmのガイドですが、ATLUX(AGS1S改造)でしたのですが、75mmでのM-GENでのガイドは比較的良好で、QHY 5L-IIとPHD2 Guidingのほうは、イマイチでした。On cameraでのガイドよりもASCOMでのガイドのほうが良いのかもしれません。少し設定を変更した方がよさそうです。F6.24で5分撮影では、周囲の淡い部分の描写はイマイチでしたが、星雲内部のうねりは、焦点距離のおかげである程度描写されました。

撮影データ:Canon EOS6D(HKIR改)ISO1600 AutoWB
BORG125SD+TAKAHASHI 1.04Xマルチフラットナー HEUIB-II 5min x16 (total 80min)
ATLUX赤道儀(AGS-1S改) M-GEN Kowa 75mmでガイド
気温2℃
RAP2でFLAT&DARK→CS6でRAW現像後TIFF変換→SI8でコンポジット→CS6で強調処理

ピクセル等倍画像です。
スケアリングの問題もなさそうです。

今年は暖冬ですが、新月期はもう一つのお天気で、遠征に行く機会がありません。なんとか、豪州遠征までに、一度海遠征に出かけたいものです。

RedCat 51でIC21772020年01月23日 19:21

先週末の土曜は、良く晴れてくれました。海へいくか、いつもの小屋で撮影するか悩みましたが、風が強いとの予報で、いつもの小屋で撮影しました。年末にRedCatをテストして、良い結果であったので、これに合う対象として、IC2177とそのまわりを撮影しました。冬の天の川に中にある比較的大きな星雲で、カモメ星雲と呼ばれたりわし星雲と呼ばれたり、人によっては、頭の部分が笑うウミガメに見えることもあるそうです。
周囲には、小さな散開星団やThor's Helmetと呼ばれるNGC2359なんかもあり、びぎやかです。IC2177も、青い部分も結構あって、カラフルに描写したいところです。画像処理的には、淡い部分まで描写するには十分な露光が必要となりますが、月の出で終了としました。

Canon EOS6D (Starshop新改造)ISO1600 WO RedCat51(fl=250mm)no filter
5min x19 (Total 95min)
SS-one Autoguider, ASI120MM+Pencil BORG 175mmでガイド
RAP2 CS6でTIFF変換 SI-7でコンポジット → CS6で処理

いつものように覚えの星雲名です。




BORG125SD+TAKAHASHI1.04XマルチフラットナーでM81&M822020年01月22日 18:19

撮影時間が遅くなってくると、冬の対象は西へ傾き、北斗七星が昇ってくる季節となりました。

先日、M81とM82を表題の組み合わせで撮影してみました。750mm x 1.04Xで焦点距離780mm F6.24となります。この焦点で太刀打ちできる系外星雲はあまりないのですが、とりあえず昇ってきたM81とM82を撮影しました。

少し青ハロがありますが、まあまあの星像でした。ピントの山はわかりづらいです。今回は、D810Aを使ったので、ライブビューで強拡大をして、合わせてみました。

撮影データ:D810A ISO1600 Auto WB
BORG125SD+TAKAHASHI 1.04Xマルチフラットナー HEUIB-II 5min x16 (total 80min)
ATLUX赤道儀(AGS-1S改) M-GEN Kowa 75mmでガイド
気温2℃
RAP2でFLAT&DARK→CS6でRAW現像後TIFF変換→SI8でコンポジット→CS6で強調処理

フルサイズセンサーでは、系外を相手にするのは難しいです。最近はやりの小さめのCMOSの冷却カメラで撮影するほうがよさそうです。寒いこの時期がくると、長焦点望遠鏡や小さめセンサーカメラが欲しくなります。

星図と対比すると15等級までの系外星雲は比較的良くわかります。


オリジナルの画像に写っているゴミ粒の様な淡い星雲だと19等くらいまで見えているようです。良い時代になったものです。

RedCat 51でオリオン2020年01月21日 12:10

昨年導入したRedCatでオリオン座を撮影してみました。250mmという焦点で、M42からM78まで写すことができます。
非常に魅力的な領域で、馬頭星雲やM42などの明るい星雲のみならず、淡くうねる散光星雲などもあって、難しい領域とも言えます。M42は多段階露出を併用しないと描出は難しいと思います。
今回の撮影は、多段階露光ではないので、その辺りの描写には問題が残ります。
RedCatは、シャープな鏡筒です。色収差も少なく、周辺像も綺麗でした。導入して良かった機材と思います。
撮影データ:
Canon EOS6D (Starshop新改造)ISO1600 WO RedCat51(fl=250mm)no filter
5min x24 (Total 120min)
SS-one Autoguider, ASI120MM+Pencil BORG 175mmでガイド
RAP2 CS6でTIFF変換 SI-7でコンポジット → CS6で処理