さそり座南部に広がる暗黒星雲と散光星雲2019年07月12日 19:03

さそり座南部にあるIC4628(えび星雲)とさいだん座のNGC6188は、日本からは低空で撮影の難しい対象になります。オーストラリアで撮影すると天頂にくるので、逆に構図がとりづらい対象ですが、抜けの良い画像で、あまり処理しなくとも綺麗に写りびっくりします。

赤い星雲も魅力的なのですが、暗黒星雲フェチの変態には、この廻りの暗黒星雲にも萌えてしまいます。名前のあるもの、ないもの色々と交錯しています。しっかりと撮りたいところですが、少しフォーカスが甘くなったり、スケアリングエラーで、処理をためらっていたのですが、梅雨時ということでモザイクで少しごまかしました。

画像データ:撮影データ:APO Sonnar 135mm/F2 絞りF2.8
Canon EOS6D(HKIR改造) Filterなし AutoWB ISO1600 2.5min x16 東西2枚モザイク (total GF-50でノータッチガイド
RAP2でダーク&FLAT→CS6でRAW現像後TIFF→SI8でコンポジット→CS6で強調

とりあえずめぼしいものにマーク入れました。


西に傾く南十字2019年07月07日 11:16

南十字は、小さな星座ですが、明るい星から構成されたゴージャスな星座です。オーストラリアやニュージーランドの国旗にも描かれています。
夏の銀河が昇ってくる頃にはイーターカリーナなんかと一緒に西に傾いていきます。日本から見えない星のハイライトともいえる領域で、西に傾いていくと、何か寂しく感じます。

低空は、大気光のため、層状のかぶりが出ています。
画面の右上に明るい星のように見えるのは、ω星団です。もちろん肉眼でも見えるのですが、その大きさから写真写りはすごいです。

撮影データ:Canon EOS6D (HKIR改造) ISO1600 Auto WB
EF35mm/F1.4l-II Filterなし 絞りF2.8 露出時間 2.5minx10 (total 25min)
K-ASTEC GF-50 ノータッチガイド

天文ガイド8月号に採用2019年07月06日 17:43

今年4月のWaddi Farmで撮影したVela SNRが採用してもらえました。

思い入れのある領域なので、ほっとしました。これまでも、国内やオーストラリアでチャレンジしてきたのですが、O-IIIのチリチリが出なかったので、冷却CCDでのナローでないと無理なのかなと思っていたのですが、Dual bandのナローフィルターが発売となり、早速入手しました。デジ一での国内撮影のテストでも手ごたえがありました。4月のWaddiでは、薄明終了時にほ座は天頂にあり、撮影時間も十分取ることができ、チャレンジしたものです。
当初、H-alphaとO-IIIのDual bandだと、AOOのような感じになるかと思っていたのですが、そうでもないようで、H-alphaが少し淡くなったり、星色が単調になるので、どうすべきか考えているところです。
今回採用してもらった作品も、Duo-narrow band filterとHEUIB-IIのブレンドしたものです。もう少し工夫が必要かなと感じていますが、とりあえず採用されてよかったです。


来年もまた、行くことにしています。次回は、もう少し広く撮影したいと思っています。



沈む大マゼラン雲とガム星雲2019年07月04日 19:43

南緯30度のWaddiでは、正確に言えば周極星(雲)となるLMCですが、西に沈むガム星雲と一緒に低く沈んで行きます。
高緯度になるこの付近からカメレオン座にかけては、分子雲があるのですが、高度が低いと低空のカブリもあって描写が難しくなります。
日本からは見えないため、聞き慣れない星座が回りにあります。

撮影データ:Canon EOS6D (HKIR改造) ISO1600 Auto WB
EF35mm/F1.4l-II Filterなし 絞りF2.8 露出時間 2.5minx12 (total 30min)
K-ASTEC GF-50 ノータッチガイド

目印を入れてみました。




夏の銀河(四国撮影)2019年07月02日 18:10

連休明けに撮影した夏の銀河を、遅くなりましたがアップします。2回目の遠南天征に備えて、テスト撮影したものです。EF35mm/F1.4 L-II本来の性能で撮影できた写真です。

今年1回目のWaddi遠征では、このレンズで撮影した画像は、画面右済で星像が流れる傾向があり、困ったなと感じていました。モザイクでごまかして、隅を捨てる必要がありました。連休明け、2回目のチラゴー遠征の前にテストしたら、本来の4隅まで綺麗な星像となりました。
写りの良いときと悪いときがあるので、持っている3台の6Dついて、カメラのスケアリングをレーザーポインターでチェックしました。幸いなことに、SEO改造、HKIR改造、Starshop改造とも大きな問題ありませんでした。スケアリングの問題ではなさそうで、何が不安定な要因なのか不明です。せっかく南天まで持っていって、このレンズ本来の性能を生かした撮影ができていません。一度メーカに画像を送り、問い合わせしてみようかと思います。

連休明けのこの日は透明度の良い夜で、天の川の描写は良好でした。この撮影地は、南の山の稜線がけっこう高く、出目金がギリギリでしたが、これくらいまでは国内でも良い写真になってくれますが、それより高度が低い対象は、南天撮影したものと大きな差がでます。

撮影データ:Canon EOS6D (Sateshop新改造) ISO1600 Auto WB
EF35mm/F1.4l-II Filterなし 絞りF2.8 露出時間 2.5minx20 (total 50min)
SKYMEMO S ノータッチガイド