天文ガイド7月号に拾われる2019年06月07日 17:45

今回のChillagoe遠征は、悪天候で成果ゼロの空振りとなってしまい、少し元気を失いそうでした。荷物を片づけて、届いていた天文ガイドを開くと、4月のWaddiで撮影した「沈むオリオン座」が載っていて、少し元気を回復することができました。


この沈むオリオン座を撮影した意図を選者に汲んでいただけて、大変うれしかったです。
その意図とは①日本とは違う沈み方をするオリオン座②高い透明度で低空まで減衰することのない星の光跡③星の色が大変きれいであることです。

古い本になりますが、藤井 旭先生の「天体写真の写し方」にある「沈むオリオン」の写真は、私にとってはずっと心に残る写真の一つでした。今回は、南天の木に向かって沈むくオリオンを撮影できたのは大変ラッキーでした。

処理については、星の色が消えないように絞りをF4にまで絞りました。また色収差のないBRレンスを用いたEF35mmF1.4 L-IIも良い感じになってくれました。また、この夜は無風で、木の陰影もボケることが無かったです。背景の色は、銀塩系の色を少し意識しました。
色々な好条件があって、自分の意図した絵になってくれたと思います。藤井先生の作品には大流星が写っていますが、私の写真には人工衛星が入ってしまいました。あえて消すことはしませんでした。