RedCat 51でオリオン2020年01月21日 12:10

昨年導入したRedCatでオリオン座を撮影してみました。250mmという焦点で、M42からM78まで写すことができます。
非常に魅力的な領域で、馬頭星雲やM42などの明るい星雲のみならず、淡くうねる散光星雲などもあって、難しい領域とも言えます。M42は多段階露出を併用しないと描出は難しいと思います。
今回の撮影は、多段階露光ではないので、その辺りの描写には問題が残ります。
RedCatは、シャープな鏡筒です。色収差も少なく、周辺像も綺麗でした。導入して良かった機材と思います。
撮影データ:
Canon EOS6D (Starshop新改造)ISO1600 WO RedCat51(fl=250mm)no filter
5min x24 (Total 120min)
SS-one Autoguider, ASI120MM+Pencil BORG 175mmでガイド
RAP2 CS6でTIFF変換 SI-7でコンポジット → CS6で処理