銀河中心2018年06月24日 11:57

南天へいくと、天の川の中心が頭の上に昇ってきます。天の川の中を暗黒帯が横切っていることもわかります。いて座方向が銀河中心となって、大変明るいです。写真に写すと天の川をエッジオンで見ていて、いて座方向がバルジとなっているのがわかります。

そんな天の川中心部を2コマモザイクですが、アップします。
計画的な撮影ではないので、広くモザイク合成はできませんでした。

撮影データ: EF35mm/F1.4L-II 絞りF3.2 Filterなし
Canon EOS6D(スターショップ新改造) ISO1600 2min x16 x2 東西2コマモザイク(Total 64min)
K-ASTEC GF-50赤道儀 ノータッチガイド
RAP2でダーク&フラット→CS6でRAW現像後TIFF→SI8でコンポジット→CS6で合成後強調

9月には今年2回目の南天遠征を予定しています。前回は南緯28度のバランディーンでしたが、9月は南緯17度のチラゴーへ行きます。今回は時期的には南十字やηカリーナなんかは撮影できませんが、さそり座からいて座、わし座といった日本からも撮影できる領域を狙うことができます。天の川近辺の対象を、抜けの良い空で撮影してみる予定です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
石鎚山は何県にありますか?回答は〇〇県と

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ishizuchi1957.asablo.jp/blog/2018/06/24/8902092/tb