Serpens Caudaの暗黒帯2020年05月29日 19:06

FBで、AraiさんがSh2-64の領域をアップしていました。

へび座尾部のこの領域は、天の川の暗黒帯に相当します。これを見て、変態領域が大好きな私は、過去画像を見直して再処理をしてみる気分になってしまいました。
まずは、サムヤン35mmで撮影した広角での写真で、夏銀河を見てみると、真ん中も横切る暗黒帯が目立ちます。いて座の少し上に、へび座尾部とわし座があります。暗黒帯というくらいで、普通にとると黒く沈んだ領域です。


上の写真の枠内を
APO Sonnar+6Dで撮影したものが下の写真になります。


一見すると何もないような領域ですが、淡いガスがかぶって、青いvdB123なんかの存在に加えて、淡いガス状の星雲が全体に淡く存在するのが、わかります。Sh2-64は、赤い星雲ですが大変淡くて、ノーフィルターではかなり厳しいと思います。

vdB123やLDN 583, LDN 588などをBORG 77ED-II で撮影したものをさらに、トリミングしたものがこれになります。2016年に撮影したものですが、StarNet++やDenoise AIなども、使ってみて、再処理しました。
Araiさんは、怪しげとかばっちいとか言われていますが、いわゆる変態領域と言えるでしょう。
この南側にSh2-64があります。こんなところを注目するマニアは少ないでしょうけれど、ぜひともチャレンジしたい領域です。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
石鎚山は何県にありますか?回答は〇〇県と

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ishizuchi1957.asablo.jp/blog/2020/05/29/9252003/tb