再処理42020年05月15日 18:14

5月も中旬となりました。連休中には好天の日が多かったのですが、月も大きくて何もせずに自粛の日々を過ごしていました。
今週水曜の夜は大変好天でしたが、日中忙しくて疲れてしまい、夜の活動をする気力がわいてきませんでした。少し後悔と後ろめたさを感じています。
世間では首都圏や関西圏の一部を除き、非常事態宣言が解除となりました。タイミング悪く、愛媛では某病院で集団発生があり、条件付きの解除の状態です。新型コロナの収束は、なかなか大変と感じます。

今週の週末ですが、お天気が悪くなります。週明けもお天気がすっきりしません。いわゆる走り梅雨の状態みたいですが、梅雨までには夏の銀河を撮りたいと思っています。
そこで、過去の写真を再処理してみました。最近はD810Aもあるのですが、やはり色調が少し特徴的であることやH-alphaが少し弱いこともあり、そこまでは出番がなく、今も主力機は6Dです。6Dは2013年10月より使っているカメラです。Seo Cooled 6DやStarshop新改造、HKIR改造なども買い足して複数の6Dを使っています。6DとAPO Sonnarで撮影したもので、元データの良いものを再処理してみました。


散光星雲と暗黒帯のからみが素敵です。わかる範囲で星雲名を入れました。




コメント

_ ひろG ― 2020年05月18日 16:39

いつ見ても隅々まで素晴らしい星像と仕上げですね。このカメラはSEO-SPですが、HKIR改造と2者を比べると、どのような違いがあるのでしょうか?

_ NIKON1957 ― 2020年05月18日 17:47

ひろGさん、こんにちは。
SEO-SP4とHKIR改造では、大きな差異はありません。どちらも、しっかりとした改造をされていると思います。スケアリングも、どちらもOKでした。HKIRのほうでは、独自のWBの設定の使用もできますが、あえてそれを使う必要もないと感じます。Starshop新改造では、わずかなスケアリングエラーがありましたが、問題ないレベルでした。
SEO Cooled 6Dは、絞り設定がカメラ側で出来ない不便な点や重量増などのデメリットもありますが、カメラ後部にフィルターを入れたり、スケアリング調整できたり、冷却をコントロールしてUSBからの低電圧での冷却できたりなどのメリットもあります。暑い時期に使うのには、大変良いカメラです。

さて、今年のワディは、コロナでキャンセルとなりました。来年の状況は未だ不確定ですが、ワクチンが導入されたら、行ける様になると思います。そのときは、またご一緒できればと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
石鎚山は何県にありますか?回答は〇〇県と

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ishizuchi1957.asablo.jp/blog/2020/05/15/9247055/tb