久しぶりです。2019年11月04日 21:44

9月、10月と残暑や天候不良、お天気と仕事の折り合いの悪さから、天文活動はお休み状態でした。ようやく、安定した晴れの夜が増えてきました。当地では10月下旬から冬までのこの時期が最も安定した空になります。今週末は連休でしたが、土日は、仕事になってしまいました。ようやく今日、お休みとなりました。
仕事のペースを落としてはいるのですが、なかなか思いようにはいきません。

オーストラリア遠征以後、夏場の天候不良の時期には、やはり物欲に負けてしまい、小物中心にいくつか導入したものがあります。

本日は、Starry Skyフィルターです。先週の晴れの夜、少しだけ撮影できたのでアップします。干渉系のフィルターでは、広角レンズでは、入射角が大きいと色ずれを起こすので使えないのですが、このフィルターは、干渉系ではないそうで、レンズの焦点距離の制限がありません。水銀灯などの光害を抑えてくれるフィルターになります。

とりあえず、改造カメラでの撮影ではどうなるか試してみました。改造カメラなので、ノーフィルターでは赤が強くなります。画面の下方には光害によるかぶりが認められます。
6D(Starshop新改造) ISO1600 35㎜ F2.8 150secで撮影したものを、DPPでRAW現像しただけの画像です。ヒストグラムは真ん中を超えてしまっています。


Starry Nightをつけるとこう変わります。撮影条件は同一です。
赤と緑のピークが下がっており、かぶりが目立たなくなっています。フィルターによる星像の劣化はなさそうです。H-alphaの低下はないので、相対的に赤い星雲もコントラスアップするようです。
暇なときに処理画像をアップしていきます。




カシオペア座2019年11月11日 19:36

久しぶりに撮影したのは、カシオペア座でした。自動導入がイマイチで、わかりやすい星座にしました。久しぶりの撮影で、色々なトラブルが起こりがちでした。

今回はSEO Cooled 6Dでの撮影でしたが、購入して初めてスケアリング調整をしました。大きくはずれていませんでしたが、容易に調整できました。このCooled 6Dには、レンズ後部にフィルターを入れることができます。以前の経験では、あまり結果が良くなかったのですが、その理由は、おそらくフィルター厚による、バックフォーカスの延長が考えられました。
今回使用した玄天QROは、標準のフィルター厚の2.5mmよりも薄い1.1mmなので、バックフォーカス短縮が0.42mmとなる。この効果をためしてみた。2017年の夏に、このフィルターを買っていたのですが、F4DGにしか使っていませんでした。
今回使ってみて、大変良い結果となりました。でも、玄天は生産中止で、薄手のフィルターは、IDASはないかも?STC AstroDuoは1㎜なので、好結果が期待できるかもです。次回のテストが期待されます。

撮影データ:Canon EOS6D (SEO-Cooled 6D) ISO1600
APO Sonnar 135mm/F2, F2.8 玄天QRO HEUIB=II
3min x16 総露出時間48分
ATLUX(AGS-1S改) M-GEN+Kowa75mmでsnake modeでのデイザーガイド

名前入りです。