Mamiya APO Sekor Z 250mm/F4.52019年01月06日 17:00

タイトルのレンズのテストをすることができました。1月3日の夜は、良く晴れる予定であったのですが、小屋に行きSetupを済ますと、雲がわいてきました。とりあえず、雲間のオリオンでレンズテストをすることができました。4日は仕事はじめで、無理せずに撤収しました。その後良く晴れたかもしれません。

まず、レンズの構成から
ヤフオクで、外観美品、レンズに写りに影響しないカビありとのことでした。送料入れて25800円のレンズでした。表示どおり、大変綺麗な外観で、明かりに透かすと中玉に小さなカビが点在していましたが、私的にはなんの問題もありませんでした。このレンズは、シャッターがついているのですが、フォーカス機構がありません。フォーカス機構のついたFotodioxのRB67/RZ67 Mount Lens to Canon EOSアダプターを米国から直接購入。$179.95+送料$22.33=$202.28で、PayPal決済で、購入時のレートで23601円でした。

レンズが重量級であったので、固定バンドを考えました。ネット検索をすると、「天文はかせ序二段」でVixen 90mmの鏡筒バンドが使えるとのことで、大阪KYOEIから、ビクセンのポルタ用の90㎜のバンドが¥2160だったのでポチしました。
マウントアダプター側に三脚座があるのですが、ここはヘリコイドで動くので固定できず使えません。バランス的に前側にもう一つバンドをと思い、手持ちパーツを探すとK-ASTECのTB80ASがあり、これがぴったりでした。フードも、ニコンのHN-13にステップダウンリングを介して77mmのフィルターねじに装着できました。手持ちパーツもありましたが、なんだかんだ合わせて、5万円強かかりました。

テストの結果です。カラーバランスのみの調整です。
Mamiya APO Sekor Z 250mm/F4.5
Canon EOS6D(HKIR改造) Filterなし ISO800 5min
ATLUX赤道儀(AGS-1S改) M-GEN Kowa 75mmでガイド
気温2℃

PIXEL等倍画像です

結果は調整のほうが不十分な割には、なかなか良い結果になってくれました。少し左上の星に流れがありますが、調整不足のためと思います。中判のレンズなので、周辺減光は大変少ないようです。


部分日食2019年01月06日 17:11

今日は部分日食がありました。日曜午前で、まったりしていたので、撮影してみました。

寒いと嫌だったので、庭に面した窓から撮影です。
私が初めて買った望遠鏡であるTAKAHASHIのV-1赤道儀です。65㎜で焦点距離700mmの無理のないスペックのレンズです。手持ちパーツで直焦点撮影してみました。
最初は比較的晴れていたのですが、後半は雲が多くて撮影できませんでした。