明けましておめでとうございます2019年01月03日 13:02

新年明けましておめでとうございます。

昨年末は、風邪で体が思うようにならず、色々なところに迷惑をかけてしまいました。お正月は、なんとか体調も戻り、年末年始の家族との時間を過ごすことができました。今日から普段の夫婦二人の生活に戻ることができました。

お正月に貼るような良い写真もないので、昨年末にできなかった2018年の機材の回顧をしてみます。

遠征用 Protex CR5000:海外遠征の際に機材を運搬するためのケースでした。今のところ、機材の損傷はありません。

SIGMA 70mm?F2.8DG Macro Art:良いレンズを入手できたと思っています。まだ十分活用には至っていません。

Feathertouch Focuserの強化パーツ:BORGのオプションパーツにFethertouchフォーカサーがあるのですが、鏡筒との接続部が肉薄で頼りなかったので、COSMO工房さんにお願いして肉厚の強化型【9795】を作成。これで、安定感が増した感じです。BORGでも在庫限りとなっていますが、特注パーツのほうjが絶対に良いですし、安く入手できました。COSMO工房のAさんには、いつ色々なお願いを聞いてもらえて、この場で感謝したいと思います。

SAWT300:海外遠征用にポタ赤を増やしました。オプションのリモートコントローラーやダブル雲台ベースも購入。

HKIR 6D: 6D mark IIにするかどうか迷ったのですが、6Dが大幅に安くなったのと、Mark IIのノイズ性能がもう一つ評判が良くなかったこと、HKIR改造に興味があったので6Dを新品で購入してすぐに改造に出しました。私には4台目の6Dになってしまう。

Mamiya 250mm/F4.5 APO + Fotodiox EOS Adaptor:天リフで話題となったレンズで、興味がありました。ヤフオクで、安いレンズをぽちしてしまいました。フォーカスとマウント変換のAdaptorは、アメリカのFotodioxのサイトでポチしました(内外価格差の大きいため)。まだ、テストには至っていません。250㎜程度の焦点では、BORG55FLやVIXENのFL55、WOのRed catなど話題となるものもありますが、お安くなりそうなこれにしてしまいました。
これで250mmのレンズとBORG60ED+C0.72Xの255mmで、ツイン撮影もできそうです。

STC Astro Duo-Narroband filter:これも、年末の体調不良でテストできないまま年明けとなってしまいました。

最後にSS-one Polar 2用、Pole Master用アダプター:私のSS One Polar 2はタカハシ専用であったのですが、他にも使いたいので、Pole Master用のアダプターをCOSMO工房さんにお願いしました。
天文機材をいじることは、大変楽しいし、それが結果として見えてくるとなおうれしいです。
今年も天候と健康に恵まれて、いっぱい撮影したいと願っています。撮影できたら、ぼつぼつアップしていいきますので、今年もよろしくお願いします。

Mamiya APO Sekor Z 250mm/F4.52019年01月06日 17:00

タイトルのレンズのテストをすることができました。1月3日の夜は、良く晴れる予定であったのですが、小屋に行きSetupを済ますと、雲がわいてきました。とりあえず、雲間のオリオンでレンズテストをすることができました。4日は仕事はじめで、無理せずに撤収しました。その後良く晴れたかもしれません。

まず、レンズの構成から
ヤフオクで、外観美品、レンズに写りに影響しないカビありとのことでした。送料入れて25800円のレンズでした。表示どおり、大変綺麗な外観で、明かりに透かすと中玉に小さなカビが点在していましたが、私的にはなんの問題もありませんでした。このレンズは、シャッターがついているのですが、フォーカス機構がありません。フォーカス機構のついたFotodioxのRB67/RZ67 Mount Lens to Canon EOSアダプターを米国から直接購入。$179.95+送料$22.33=$202.28で、PayPal決済で、購入時のレートで23601円でした。

レンズが重量級であったので、固定バンドを考えました。ネット検索をすると、「天文はかせ序二段」でVixen 90mmの鏡筒バンドが使えるとのことで、大阪KYOEIから、ビクセンのポルタ用の90㎜のバンドが¥2160だったのでポチしました。
マウントアダプター側に三脚座があるのですが、ここはヘリコイドで動くので固定できず使えません。バランス的に前側にもう一つバンドをと思い、手持ちパーツを探すとK-ASTECのTB80ASがあり、これがぴったりでした。フードも、ニコンのHN-13にステップダウンリングを介して77mmのフィルターねじに装着できました。手持ちパーツもありましたが、なんだかんだ合わせて、5万円強かかりました。

テストの結果です。カラーバランスのみの調整です。
Mamiya APO Sekor Z 250mm/F4.5
Canon EOS6D(HKIR改造) Filterなし ISO800 5min
ATLUX赤道儀(AGS-1S改) M-GEN Kowa 75mmでガイド
気温2℃

PIXEL等倍画像です

結果は調整のほうが不十分な割には、なかなか良い結果になってくれました。少し左上の星に流れがありますが、調整不足のためと思います。中判のレンズなので、周辺減光は大変少ないようです。


部分日食2019年01月06日 17:11

今日は部分日食がありました。日曜午前で、まったりしていたので、撮影してみました。

寒いと嫌だったので、庭に面した窓から撮影です。
私が初めて買った望遠鏡であるTAKAHASHIのV-1赤道儀です。65㎜で焦点距離700mmの無理のないスペックのレンズです。手持ちパーツで直焦点撮影してみました。
最初は比較的晴れていたのですが、後半は雲が多くて撮影できませんでした。




オリオン座2019年01月08日 12:33

EF35mm/F1.4 L-IIで、オリオン座を撮影してみました。

35mmの画角でのオリオン座ですが、冬の銀河に寄り沿うようにあり、バラやコーン、カモメも同時に写ります。
良いフラットが作成できなかったので、処理には難渋しました。比較的低空になるので、傾斜カブリや、散在する分子雲などで、背景がムラムラとなりやすかったです。あまり、強い処理もできず、この辺というところで留めています。


撮影データ:Canon EOS6D (HKIR改造) ISO1600 オートWB
EF35mm/F1.4L-II  絞りF2.5 2min  x20 (total 40min)
K-ASTEC GF-50 ノ-タッチガイド
気温3℃
CS6でRAW現像後TIFF変換→SI8でコンポジット&カブリ補正→CS6で合成後強調と補正処理



STC Astro Duo-Narrowband Filterのテスト2019年01月16日 12:47

H-alphaとO-IIIの2帯域を透過させる、Duo-NarrowbandFilterのテストをようやくすることができました。

テスト対象は、Vela SNRにしたかったのですが、体調に自信がなかったので、いつも小屋で撮影できる、おおいぬ座のSh2-308です。ミルクポッドとして馴染まれて、最近よく撮影されている対象になります。Wolf-Rayet星の周りのシャボン玉の様な星雲で、通常撮影では淡いのですが、O-IIIで撮影すると良く写ります。

撮影データ: BORG77EDII+F4DG (330mm/F4.3)
SEO Cooled EOS6D(SEO SP4) STC Astroduo narrowband使用 ISO3200 8min x10(Total 80min)
Atlux赤道儀(AGS-1S改) M-GEN Kowa 75mmでデイザーガイド
RAP2でダーク&FLAT→CS6でRAW現像後TIFF→SI8でコンポジット→CS6で仕上げ
外気温1度、冷却追加

ISO3200、8分での撮影でしたが、背景のレベルは全然上がってこないです。O-III主体のSh2-308は元画像からけっこう認識できました。Narrowband flterの効果と感じました。
星雲や星の色は背景をニュートラルにするようにしただけです。どう処理をするか、考えていく必要があります。