Coal Sack2018年06月11日 12:43

暗黒星雲好きなので、今回もCoal Sackを撮りました。
肉眼では、南十字の左側に黒く抜けた領域として、良く目立ちますが、写真で撮ると以外に星が多いのがわかります。淡いH-alphaがあるのですが、それほど濃いものではありません。

まずはAPO Sonnarで撮ったものです。
撮影データ:Canon EOS6D(SEO-SP4) ISO1600 
APO Sonnar 135mm 絞りF2.8 Filterなし 
Canon EOS6D(SEO SP4) ISO1600 2min x18 (total 36min)
GP2赤道儀(BLDドライブ、AGS-1S改) M-GEN Kowa 75mmでデイザーガイド
RAP2でDARK&FLAT補正→CS6でTIFF化→SI7でコンポジット→CS6で仕上げ

330mmだとこんな感じになります。
撮影データ: BORG77EDII+F4DG (330mm/F4.3)
Canon EOS6D(SEO SP4) HEUIB-II Filter使用 ISO1600 6min x16(Total 96min)
GP2赤道儀(BLDドライブ、AGS-1S改) M-GEN Kowa 75mmでデイザーガイド
RAP2でダーク&FLAT→CS6でRAW現像後TIFF→SI8でコンポジット→CS6で仕上げ

昨年のデータよりはフォーカスが良く、ハロも少な目でした。


コメント

_ 西本 ― 2018年06月11日 21:19

こんばんは、西本です。ようやく出ましたね!今回の遠征で必ず撮ってらっしゃるだろうろ思ってました。^^
コールサック下部の線状の暗黒帯まで画角に収めるのは流石暗黒帯を知り尽くしたNIKON1957さんだな~っと、感心仕切りです。BORG77EDでのクローズUPで拝見しますとまた一味違うコールサックノ表情が拝見出来感激しております。
NIKON1957さんの画像を拝見してコールサックの一番コントラストの高い部分にある真紅に輝くHα域が偽色で無かった事が確認出来正直ホッとしました。しかしこのコールサックは何度も撮りたくなる対象です。次回は当方も90mm辺りで撮って見たいです。

_ NIKON1957 ― 2018年06月12日 08:21

はえ座のDark Doodleは、コールサックと一緒に入れたいと思いました。分子雲系では、カメレオン座にかけて、たくさんあります。チラゴーは緯度が低いので、南の高緯度の分子雲は難しいですが、来年のWaddiでは、狙ってみようと思っています。
西本さんの処理を、上手くまねて再現する事ができません。ということで、同じレンズでも随分違った感じになりました。
真紅の赤い星雲はRCW71という名前がついていると思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
石鎚山は何県にありますか?回答は〇〇県と

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ishizuchi1957.asablo.jp/blog/2018/06/11/8892106/tb