久しぶりのダブル入選2017年10月05日 08:23

天文ガイド11月号と星ナビ11月号の2誌に、ラッキーな事に入選することができました。ダブルなんて、何年ぶりかと思います。

天文ガイドのほうでは、たて座からへび座尾部の暗黒帯がに採用されました。選評にあるように、「撮影する人が少ない天の川領域」の暗黒帯を撮影したものです。撮影する人が少ないということは、変態マニア領域とも言えます。そこを拾ってくれた、天文ガイドにありがとうと言いたいと思います。家内に見せると「地味~!」と不評でした。印刷も少し暗めでした。

バーナードとかLDNとかのナンバーがあるのですが、すべてを同定することはできませんでした。でも、複雑な暗黒星雲に、萌え萌えとなってしまいます。目を海外に向けると、結構たくさんの作例があるので、海外のほうが変態が多いのかもしれません。日本は、撮影する時間が限られているために、メジャー対象に目が行ってしまいがちです。自分もメジャー対象を主に撮影してきましたが、多くの方が撮影されており、自分の作品は見劣りするばかりです。それよりも、人気のない領域にも面白い(少なくとも自分にはそう感じる)対象が天の川領域には、たくさんあります。ということで、今回も少し変態領域でありますが、入選できて良かったです。天文ガイドの選者は、こういうチャレンジングな領域も、温かい目を向けてくれます。北部のこの領域のみと、南北のモザイクの2作品を送付したのですが、枚数の多い北部で、強調を強くしたこの作品が採用してもらえました。

スキャナーで撮ると暗いので、下の写真は張り付け合成です。


一方、星ナビのほうは、オーストラリア遠征の最終で撮影したSMCでした。低空でしたが、透明度に助けられて、良く写りました。球状星団との対比ということで応募したのが良かったようです。


今年度のフォトコンはこれで終了です。
また、地味な対象や好条件の夜の写真、南天限界をテーマに撮影していきます。

コメント

_ yatsu ― 2017年10月05日 20:14

NIKON1957さん、
ダブル入選、おめでとうございます! さすがはNIKON1957さんと思いました。
わずか3夜のチラゴーで合計4作品のご入選とは、本当にすごいです。われわれ遠征隊としては通算11作品の入選となりましたね。たいへん良い遠征だったと思います。

たて座~へび座の暗黒帯は、天の川の色合いが実に美しいと思います。
少マゼランは、青っぽい小マゼランと黄色っぽいNGC104との対比が美しいと思います。

可能なら、来年もまた南半球に行きたいと思っております。

_ NIKON1957 ― 2017年10月05日 20:46

yatsuさん、ありがとうございます。

yatsuさんも、ビクセンカレンダーの採用おめでとうございます。

たて座~へび座の暗黒帯は、帰国後に自分の観測小屋で撮影したものになります。なので、オーストラリア遠征作の成果は3勝2敗という結果でした。入選作は最後の夜のものばかりでした。やはり、南天撮影には慣れが必要なのだと感じます。
とりあえず来年5月も行くことにしています。来年は色々な対象を慣れた組み合わせで狙っていきたいと思っています。

_ 西本 ― 2017年10月10日 22:03

NIKON1957さん、こんばんは。
ダブル入選おめでとうございます。^^
本当に素晴らしい、特に今月号は皆既日食オンパレードで通常撮影対象は、より狭き門で入選も通常月の半分位ではなかったでしょうか?流石としか言いようが有りません!!、しかも遠征写真の最後を見事に締め括って頂いた事に、言い知れぬ充実感を今更を持って感じております。
当方の成績は、2勝3敗で星ナビは3連敗でした。^^; 
今回入選の「たて~へビ座」の細かく散らばる暗黒帯の表現はお見事です。NIKON1957さんが撮りたくなのも納得です。

早くも来年のチラゴー遠征が楽しみですね!確か自身も昨年の今頃に遠征を決意したものと思います。決断した時のワクワク感が、この時期思い出されます。来年の今頃は再びワクワクしたいです。(^^)

_ NIKON1957 ― 2017年10月11日 12:45

西本さん、ありがとうございます。
今回のチラゴーの作品は、天文ガイドのほうが良く採用してもらえたみたいですね。結局のところ星ナビはSMCの1つのみという結果になりました。作品の良し悪しよりも、編集部の方針によるところが大きいのかもしれませんね。
星ナビには、メジャー対象と、天文ガイドにはマイナー対象を送るようにしています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
石鎚山は何県にありますか?回答は〇〇県と

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ishizuchi1957.asablo.jp/blog/2017/10/05/8694725/tb