APO Sonnarでさそり座南部2017年05月09日 18:37

先月末に山の上でAPO Sonnarで撮影したさそり座南部です。
135mm/F2.5で2分x16枚で、お手軽ノータッチガイドで撮影したものです。
銀河に沿って撮影しており、モザイクとするにはカブリの影響や大気差もあって、なかなか難しいです。

彼岸花と出目金の領域は、濃い暗黒帯になります。この暗黒帯は単純な色ではなく、淡いH-alphaやガスがあって、複雑な色を呈しています。何が正解か良く分かりません。やはり、ここは南天で自分なりのReference画像を作成する必要がありそうです。


ついでもう少し南のエビ星雲から鳥が羽を広げたようなさいだん座のNGC6188の領域です。ここら辺になると、日本からは写すのがやっとという領域です。色調も青成分がなくなってしまいます。ここから下は南天でのお楽しみとなります。
共通撮影データ:Canon EOS6D (SEO-SP4) ISO1600 
APO Sonnar135mm/F2 絞りF2.5  120 sec x16 (total 32min)
SKY MEMO NS でノータッチガイド
RAP2でフラット&ダーク処理→CS6でRAW現像TIFF化→CS6とSI7でコンポジット&カブリ補正→CS6で強調と補正処理

南天での撮影対象は天の川に沿って写していくことなります。早い時間に、Gum星雲から始めて、その後イーターカリーナ領域、南十字やコンパス辺りを流し、その後はさいだん座、さそりと移動して、最後に日本でも写せる南天銀河となる予定です。効率よく写していけるように、撮影計画を十分立てて行こうと思うのですが、初めての事なので、極軸合わせからつまづきそうです。あまり欲張らずに、条件の良い空を楽しむというスタンスでいくつもりです。



コメント

_ yatsu ― 2017年05月13日 11:53

NIKON1957さん、こんにちは。
彼岸花からエビ星雲にかけて、とても色彩が豊かで美しいですね!
NGC6188もけれだけ写るとは驚きです。
チラゴーでの天の川をたどるモザイク、楽しみにしております。
私は、350ミリで、エビ星雲、NGC6188などを個別に撮影する予定です。

_ NIKON1957 ― 2017年05月14日 17:19

透明度の低い場合や低空では、夕日の様に赤が強い星空になってしまいます。補正をしても、青の少ない画像はカラフルさに欠けます。好条件で撮影すると、大変カラフルになってくれる領域と思います。南天で再チャレンジを楽しみにしています。モザイク目的ならば、アポゾナーで2.5x16で十分かと思います。
アップでは、私は77EDII+F4DGで行く予定です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
石鎚山は何県にありますか?回答は〇〇県と

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ishizuchi1957.asablo.jp/blog/2017/05/09/8551667/tb