遠征準備中2017年03月26日 23:10

少し暖かくなった日曜、遠征準備中です。
普段の遠征時には、GPDを良く使っています。しかし、重量があるので、南天にはGP2をもって行くことにしました。三脚もHALではなく、軽量のAL90としました。GP2にはMT-1とDD3を装着していたのですが、自動導入できるよう、GPDに装着していたK-ASTECさんのBLDのAGS-1sを移植しました。モーターの動作を確認しました。

南緯17度ということで、調整すると、20度くらいで高度調整板に当たってしまいます。これは行くまでに対策を要します。思わぬところで、ひっかかります。安上がりのために削るか、どこかに頼むかです。

電圧を下げることで、そこそこ冷えて電力消費を少なくできるめどが立ったきたので、Cooled 6Dを持っていくつもりになってきました。最近の高性能レンズは広角でも長くて重いので、バランスが不良となります。ましてやCooled 6Dは重いです。カメラ本体部の保持ではバランスが取れません。こんなふうにしています。

アルカスイス規格のスライドプレートとL型プレートを組み合わせて使います。使っているのは、amazonで買った安いプレートですが、特に支障なく使えます。

はずした状態はこんな感じです。


コメント

_ yatsu ― 2017年03月27日 21:35

NIKON1957さん、こんばんは。
ご教示いただき、ありがとうございます。
アルカスイス規格のL型プレートを冷却6Dの冷却装置に取り付けるのですね。
広角~中望遠までのレンズにはとても良さそうですね。
ところで、アポゾナーや望遠鏡のように鏡筒バンドで鏡筒を赤道儀に設置する場合、重くて長いCooled 6Dが接眼部にぶら下がることになりますが、そちらにはどのように対応されていますか?

_ NIKON1957 ― 2017年03月27日 23:00

BORG77EDII+F4DGでは、そのまま装着して問題ありませんでした。一方、APO Sonnarは、K-ASTECさんの鏡筒バンドだと、スケアリングが怪しい感じでした。どちらが、良いかは、もう少しテストが必要ですが、鏡筒バンドなしでも、いけるのではないかと考えています。問題は、構図が縦と横にしかできないのところです。鏡バンドは、その点において自由度が高いです。

_ yatsu ― 2017年03月28日 23:46

NIKON1957さん、こんばんは。
BORG77EDII+F4DGはしっかりしているのですね。
私も、遠征用鏡筒にCOOLED 6Dをつけてテストしてみたいと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
石鎚山は何県にありますか?回答は〇〇県と

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ishizuchi1957.asablo.jp/blog/2017/03/26/8422674/tb