南天限界 ガム星雲20172017年03月02日 21:55

先日の遠征で撮影したガム星雲の全景です。条件の良い撮影であったので、そこそこ写ってくれました。この写真で最も南端の星はほ座κ星で、南中高度が1度少々です。

撮影データ:Canon EOS60D (Central DS改) ISO1600 LPS-V3 FF使用
Samyang 35mm/F1.4 絞りF3.5 5min x12 (total 60min)
GF-50 ノータッチガイド
RAP2でDARK補正 → CS6でコンポジット→SI7で周辺減光&カブリ補正→CS6で仕上げ

ガム星雲を狙うのに、Samyang 35mm、Canon EF35mm/F1.4LII、Sigma 50mm artなどで考えたのですが、フルサイズの場合V3を使うと後者2つのレンズは、画像劣化がひどくなります。APS-Cでも、EF35mmは相性が悪いようで、従来からのSamyangを使いました。このレンズはフォーカス位置で赤ハロ傾向になるのが少々難点ですが、APS-Cまでなら綺麗な星像となります。

今回1時間の露光時間をとりましたが、大気差のため、水平線近くの星は普通にコンポジットすると伸びてしまい、CS6で丹念にコンポジットする必要がありました。


コメント

_ yatsu ― 2017年03月02日 23:54

NIKON1957さん、こんばんは。
まずは広角のお写真のお披露目ですね!
超低空の広角なのに画像の破たんが全くないのが驚きです! 私は件のGum15付近の撮影で、超低空の難しさを痛感しました。撮影地のGum15の南中高度は15度でしたが、大気差の影響に驚きました。大気差補正の方法を教えていただき、本当にありがとうございました。
ツインでのお写真も楽しみにしております。

_ NIKON1957 ― 2017年03月03日 12:52

yatsuさん、こんにちは。
広角撮影のほうを処理しました。もう少し強調しようかと思ったのですが、この辺でとどめました。ツインの処理は、まだ手付かずです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
石鎚山は何県にありますか?回答は〇〇県と

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ishizuchi1957.asablo.jp/blog/2017/03/02/8385517/tb