コーン星雲2015年11月02日 18:39

Borg77EDII+F4DGのツインで撮影したコーン星雲です。前回APO Sonnarで撮影した領域の上の方になります。コーン星雲とかクリスマスツリー星雲とかの愛称がありますが、クリスマスツリーに見るには、画像を逆転して見る必要がありそうです。
この星雲の西には、IC446、447という青い反射星雲があります。これも、画像を90°回転するとカタツムリに見えます。

星雲には色の綺麗なもの、形の面白いものがありますが、これは両方の要素を持つ星雲と思います。分子雲と違い、描写そのものは比較的容易でした。アップで撮影したり、ナローで撮影すると、さらに複雑な構造が浮かび上がりそうです。
撮影データ:Canon EOS6D (SEO-SP4) ISO1600
BORG 77ED-II + F4DG twin system
フィルターなし6min x8、HEUIB-II 6min x8 総露出時間1時間36分 気温12度
EM200(AGS-1X改) M-GEN+Kowa75mmでsnake modeでのデイザーガイド
RAP2でダーク&フラット→CS6でRAW現像→CS6でコンポジット→CS6で2つのコンポ画像を自動整列と変形機能で微調整でコンポ→その後CS6で強調



5年ぶりに撮影できたアケルナル2015年11月04日 20:21

昨日の文化の日は、晴れの特異日でしたが、まさに快晴の一日でした。

昼間は、風が強かったので、山の上は厳しいと思っていたのですが、夕方になり、風が弱くなりました。透明度はきわめて高く、これは行かねばと思い南天限界の地へ遠征しました。

23時に南中するアケルナルを撮影するのが、今回の目的の一つでした。前回は2010年に撮影しました
その後、チャンスに恵まれず、撮影する機会がありませんでした。この地の緯度では、地平線になるのですが、高度と大気差により、1°以上に昇ります。

今回も、低空には雲があったのですが、水辺線付近は雲のない領域があり、そこのギリギリに明るいアケルナルが見えました。カノープスよりは、御利益があったらと思います。

それにしても、四国の南を飛ぶ飛行機の多いこと。どのコマにも飛行機の光跡ばかりでした。
撮影データ:Canon EOS60D (Central DS) ISO800  
SIGMA 50mm/F1.4 Art 絞り3.5 固定3minとガイド3minを比較明合成
K-ASTEC GF-50赤道儀 ノータッチガイド
CS6でRAW現像TIFF化→CS6で画像処理

高度はこんな感じです。

南中後の比較明画像をみると、ほんのわずかな隙間で見えていたのだと思います。

次に撮影できるのはいつになることやら?

カシオペア座付近の秋の銀河2015年11月06日 19:47

先日、山の上で撮影したものです。遠征用のGPDをM-GENでオートガイドしてみました。レンズは、何で行こうかと思いましたが、SIGMA 50mm Artでいきました。たぶん、オートガイドの必要性はないくらいですが、ディザーガイドの設定の確認のためもあって使いました。
透明度が良い山の上なので、よりカラフルに撮影できた気がします。
撮影データ:Canon EOS6D (SEO SP4) ISO1600  
SIGMA 50mm/F1.4 Art 絞りF4  6min x13
Vixen GPD (K-ASTEC BLD改造、AGS-1S) M-GEN+Kowa75mmでsnake modeでのデイザーガイド
RAP2でダーク引き、CS6でRAW現像TIFF化→SI7で周辺減光補正、かぶり補正→CS6で画像処理


暗い空で対日照を撮る2015年11月08日 11:32

文化の日の夜に撮影した対日照です。

今回は魚眼ではなく、50mmの標準レンズでの撮影です。おひつじ座付近にあるはずです。肉眼でもぼーっと明るいかなと思っていましたが、今回処理するとけっこう明るい光芒として描写できました。
撮影条件は、ほぼ最高の空でした。
撮影データ:Canon EOS6D (SEO SP4) ISO1600  
Samyang 35mm/F1.4 絞りF4  6min x12
Vixen GPD (K-ASTEC BLD改造、AGS-1S) M-GEN+Kowa75mmでsnake modeでのデイザーガイド
RAP2でダーク引き→CS6でRAW現像TIFF化→SI7で周辺減光補正、かぶり補正→CS6で画像処理



はくちょう座~カシオペア座の天の川2015年11月09日 21:16

この前の文化の日の撮影分です。
早い時間帯に撮影したものです。この時間帯は、町明かりの影響が大きくて、かぶり補正に苦労すると思い、APS-Cの15mmで撮影しました。あまり強調はせずに、ナチュラルさ重視で処理をしました。
撮影データ:Canon EOS60D (Central DS) ISO1600 FFなし
EF8~15mmF4L  絞りF4  5min x6
K-ASTEC GF-50赤道儀 ノータッチガイド
CS6でRAW現像TIFF化→DI7でコンポジット&周辺減光とかぶり補正→CS6で画像処理