Sh2-126 (鷹の爪)2015年10月04日 11:01

金曜、土曜と爆弾低気圧通過後の好天となりました。月の出の時間まで、小屋で撮影をすることができました。
放置撮影としたAPO Sonnarで撮影したとかげ座のSh2-126を処理しました。鷹の爪とよく言われている、淡く大きな散光星雲です。早い時間帯であったのと、H- alpha主体の星雲なので、LPS-V3で撮影しました。速写性を重視して、絞りもF2.5としましたが、V3フィルターのためか、周辺像の悪化があ り、トリミングをしています。FF.を入れたときも、F2.8くらいが良い様です。
撮影データ: Canon EOS60D(Central DS改) ISO1600 
Zeiss APO Sonnar135mm/F2 絞りF2.5 8min x6 +6min x16 (Total 144min)
気温16度
ATLUX赤道儀(K-ASTEC AGS-1S改)
Famisco60改+QHY5L-II で PHD Guiding
RAP2でダーク&フラット→CS6でRAW現像→SI7でコンポジット&カブリ補正後→CS6で仕上げ



Twinで淡いものチャレンジ (LBN534)2015年10月06日 20:49

77EDII+F4DG+6D (SEO-SP4)のツインのシステムで、淡いものチャレンジばかりしています。画像処理の勉強にもなっています。

今日も晴れていますが、明日の朝は早いので、今日は自重しています。
先週土曜夜に撮影したLBN534とLBN564を処理しました。
アンドロメダ座とカシオペアに境界付近にある、淡い星雲です。3時間オーバーのデータで、なんとか出てくれました。画面上の大きなほうが、LBN534で 少し青っぽいところがvdB158になります。画面下の小さく、暗いほうがLBN564です。今年の撮影リストに入っていたのですが、なんとか撮影できま した。フルサイズ330mmで、色物ではないので、小さくて迫力がありません。マイナーな星雲をトライしていますが、面白いです。
撮影データ:Canon EOS6D (SEO-SP4) ISO1600 FFなし
BORG 77ED-II + F4DG twin system
LPS-D1で6min x18 + Filterなしで4min x25 総露出時間3時間28分
EM200(AGS-1X改) Pencil BORG+DSI-Pro PHD Guidingでオートガイド
RAP2でダーク&フラット→CS6でRAW現像→SI7でコンポジット&カブリ補正→CS6で2つのコンポ画像を自動整列と変形機能で微調整でコンポ→その後CS6で強調


三連休最終日ですが2015年10月12日 12:53

三連休ですが、初日は職場の後輩の結婚式に出席。二日目は、実家に戻り、86歳の母を三兄弟で囲んできました。そして最終日の今日は、少しのんびりとした いところですが、職場で仕事をしています。仕事ばかりしていると、疲れてきたので、先日撮影したまゆ星雲北部のLBN420を処理しました。これは、 GENTAさんに教えてもらった領域です。大変淡いので、元画像では何にも見えて来ません。
明るさの最小値を利用したマスクで、強調していきました。この方法が適当な方法かどうかはわからないのですが、「ほんまかさんの画像処理講座」で赤い星雲 強調法として、以前からお世話になっているやり方です。赤い星雲ではなく、淡い星雲をマスク領域として抽出して、強調していきました。

それにしても、LBN420は淡いです。

撮影データ: Canon EOS60D(Central DS改) ISO1600 
Zeiss APO Sonnar135mm/F2 絞りF2.8 LPS-P2 5min x12 + FFなし2.5min x32 (total 140min) 気温14度
ATLUX赤道儀(K-ASTEC AGS-1S改)
Famisco60改+QHY5L-II で PHD Guiding
RAP2でフラット→CS6でRAW現像→SI7でコンポジット&カブリ補正後→CS6で仕上げ

秋の淡いものシリーズ、もう一作残しています。


ケフェウスの散光星雲2015年10月14日 12:45

ずっと、色目の乏しい分子雲ばかりアップしていましたが、H-alphaの宝庫になる、ケフェウスの散光星雲をアップします。フルサイズの330mmだ と、APS-Cの200mm程度の画角となり、少し間延びしてしまいます。個々の星雲の詳細を撮るのには、もう少し焦点距離のある鏡筒が必要だと感じまし た。

今回もツインでの撮影をしました。
赤い星雲ということで、片方はLPS-D1, 片方をHEUIB-IIで撮影しました。合成方法ですが、今回はシンプルに合成するだけにしました。
撮影データ:Canon EOS6D (SEO-SP4) ISO1600 
BORG 77ED-II + F4DG twin system
LPS-D1で6min x15 + HEUIB-II で6min x15 総露出時間3時間
EM200(AGS-1X改) Pencil BORG+DSI-Pro PHD Guidingでオートガイド
RAP2でダーク&フラット→CS6でRAW現像→SI7でコンポジット&カブリ補正→CS6で2つのコンポ画像を自動整列と変形機能で微調整でコンポ→その後CS6で強調


オリオン座2015年10月15日 18:47

ここのところ好天の日が多くて、うれしい悲鳴です。仕事と相談しながら、なんとか撮影しています。
APO Sonnarと60D(APS-C)で撮影したオリオンです。APO SonnarのF2.8で短時間撮影と多数枚コンポジットで撮影したのですが、通常の撮影だとコンポによるノイズが乗ることがあり、デイザーガイドの必要を感じています。すこしごまかして処理していますが、どうしてもぼかす方向になります。

M-GEN来ているのですが、テストできていないので、実戦投入できていません。
今週末は実戦投入してみるつもりです。
撮影データ: Canon EOS60D(Central DS改) ISO1600 
APO Sonnar135mm/F2 絞りF2.8 FFなし2.5min x28 (total 70min) 気温10度
ATLUX赤道儀(K-ASTEC AGS-1S改)
Famisco60改+QHY5L-II で PHD Guiding
RAP2でフラット→CS6でRAW現像→SI7でコンポジット&カブリ補正後→CS6で仕上げ