久しぶりの天文ガイド入選2014年04月07日 13:00

1月末に撮影した東のガム星雲が天文ガイド5月号に採用されました。

ガム星雲シリーズで、Vela SNRを星ナビに応募しておりましたが、こちらはあえなくボツとなってしまいました。やはり、国内からあの青を出すのは無理かなと思います。
というわけで、今回のは東のガム星雲をLPS-V3で強調したものでした。少し彩度を上げて応募したのですが、それでも暗いので、どうかなと思っていましたが、なんとか引っかかってくれました。

採用されたものはこれです。
撮影データ:Canon EOS60D (Central DS改) ISO1600 LPS-V3 FF使用
SIGMA Macro 70mm/F2.8 絞りF3.2 8min x6
GPD(K-ASTEC BLD+AGS-1S) + Pencil BORG+DSI-Pro+PHD Guiding

南のほうのGum12bは高度が低く難しいですが、北のSh2-312はなんとかなる高度です。こちらのアップを来シーズン撮影してみます。今年は南半球遠征はできませんが、ぼちぼち来年あたりから、考えています。

今月号も、多くのヤフーブロガーのきれいな作品がたくさん採用されています。おめでとうございます。

あいにくの週末でしたが、土日まじめに仕事をしておりました。明日午前中休みをもらい、未明の撮影にこれから出かけます。透明度が高いことを願っています。


今年も夏の銀河を撮ります2014年04月08日 08:23

4月7日未明の銀河です。

撮影データ:Canon EOS6D (SEO-SP4) ISO1600 
EF 8-15mm/F4 15mm 絞り解放  3min x1  フィルターなし
GPD(K-ASTEC BLD) ノータッチ

締め切り仕事があるので、上記の写真の処理はDPPでの背景のニュートラル化だけです。コンポできるデータがあるので、また、じっくりと処理してみます。

昨夜は、GPVが真っ黒で、PM2.5 の予測も低いので、遠征しました。予報ではれるとのことで、前もって月曜朝は休みをもらっていました。天気予報当たってラッキーでした。

しかし、行く途中でレンズを忘れたことに気がついて、取りに戻りました。
現地で機材を展開して、PCに接続したのですが、PHDが望遠鏡を認識せずに、かれこれ苦闘したのですが、だめでノータッチの広角撮影のみとしました。オメガ星団や南の低い星雲なんかを予定していたので残念です。

一枚の写真ではわかりませんが、撮影した駒を送ると、大気光の影響が出て、少し色むらがでているようです。これ以外に、さそり座や夏の銀河を撮影しました。週末まで忙しいので、処理は来週になりそうです。
4月から5月は、サソリの好機です。梅雨はまずだめなので、この時期に撮影することになります。早朝撮影になるのがつらいですが、夏の銀河をみると元気がもらえる気がします。

ATLUX (AGS-1s)になって戻る2014年04月08日 20:36

昨年10月にヤフオクで落札した初期型ATLUXですが、この度ようやくK-ASTECさんのところで、モータ換装と自動導入改造になって戻ってきました。

観測小屋近くには、桜が咲いていました。

小屋には、これまでのサブの赤道儀に代わり、EM200(AGS-1X仕様)と今回のATLUXの2台での運用となります。

古い赤道儀ですが、改造によって最新の機能を有する赤道儀なって使えます。搭載できる望遠鏡もこれまでのEM200よりも余裕があり、長焦点のGS-200RCやR200SSなんかも余裕で追尾できる(はずです)。

月が大きくなりますが、GS-200RCのテストができればと思います。

GS-200RCですが、やはりBORGの中判ヘリコイドをつける接続リングを作成してもらう予定です。
RC系の鏡筒に、屈折のレデューサーやフラットナーを試している方の報告がありますが、手持ちのBORGの0.78X、0.70X、0.85X、1.08Xなどのreducerを試してみたく思っています。
純正の0.75Xについても、バックフォーカスの調整なんかも試してみるつもりです。
これについては、月のあるときでもできると思います。
小屋での撮影、遠征での撮影、どちらも充実したものにしたいと思います。


南天限界(4月7日未明)2014年04月09日 19:54

月曜未明撮影のさそり座南部からさいだん座です。
昨年撮影した1500mの山の上からの撮影には及びませんが、結構低空まで写ってくれました。この時期としては好条件でした。
撮影データ:Canon EOS60D (Central DS改) ISO1600 LPS-V3 FF使用
Samyang 35mm/F1.4  絞りF2.8 5min x4
GPD赤道儀 ノータッチガイド

ゴールデンウィークの連休は新月期になります。是非とも山の上の好条件の下、南天低いところをきっちりと狙いたいものです。


BORG60ED+TAKAHASHI C0.72Xゴーストチェック2014年04月10日 19:32

昨年、BORG60EDにタカハシのC0.72Xを接続したのですが、ほとんど本番の撮影をすることができていません。
先日、明るい星に対するゴーストチェックのため、テストしました。

こと座のベガを入れて撮影しました。処理は、DPPでRAW現像して、背景をニュートラルにして、リサイズしたものです。周辺減光なんかはそのままです。
撮影データ:Canon EOS6D (SEO SP4) ISO1600 6min x1
BORG60ED + TAKAHASHI C0.72X
EM200(AGS-1X改) + Famisco60改 +DSI-Pro PHD Guiding

ベガには、屈折に見られる輝星の光条は見られますが、ゴーストはなさそうです。
フルサイズでの250mm(APS-Cで150mm相当)の画角で夏の星雲を楽しみたいです。 

追記
SI7での周辺減光の程度は、上記画像でこれくらいです。
やはりすこしだけ、光軸もしくはスケアリングエラーがあるようです。
画面上下で、ハロの出方がすこし違います。